2020年 8月 12日 (水)

コロナ自粛と「自己責任」論のダブルパンチ 風俗ライターに聞く「業界の人々の本音」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

「オンラインでのサービスが開拓されるかも」

   また、風俗業が最後の「セーフティーネット」ではないかとも指摘する。あくまで個人の意見として「お金を稼ぎたい若い女の子だけでなく、風俗があるから、犯罪に走らずにいられる男性もいると思います。それだけではない、性欲目的ではなく、精神的な癒しを求めて来るお客さんもいる」(万太郎さん)と指摘する。

   そして働く女性の側も、「地下に流れるというか、パパ活などよりアンダーなビジネスで稼がざるを得なくなります」と推測した。その場合、客による性犯罪や、反社会的勢力が客を装って近づき、非合法ビジネスに巻き込まれるおそれもあるという。

   新型コロナの流行に収束の見通しは立っていない。現場は「補償でお金がもらえるのはありがたいが、目先のお金だけでは見通しが立たない。とにかく元通りに戻ってお金を稼ぎたい」が女性たちの本音だそうだが、長期化すれば「オンラインでのサービスが開拓されるかもしれない。でもテレクラの復活みたいで、それで(お客さんにとって)人との直接の交流で得られる精神的なぬくもりが得られるかどうか...」(万太郎さん)という現状だ。

(J-CASTニュース編集部 大宮高史)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中