2020年 10月 20日 (火)

「今その商品は必要なのですか?」店員は問いかける 家電量販店、感染におびえながら働く人々のメッセージ

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   新型コロナウイルスの感染拡大で、短縮営業に留まった大手家電量販店の店員らから、不要不急の客が次々に来店して感染が怖いと、ツイッター上やJ-CASTニュースの情報提供フォームにSOSが相次いでいる。

   いったん休業したのに再開したり、感染者が出た店を2日の休業に留めたりしたことに、不満の声も多い。大手のヨドバシカメラとビックカメラの2社に話を聞いた。

  • 笑顔で接客も、心の中は…(写真はイメージ)
    笑顔で接客も、心の中は…(写真はイメージ)
  • 笑顔で接客も、心の中は…(写真はイメージ)

「フラフラしてる市民のたまり場でしかない。でも働くしかない」

   ヨドバシカメラは、横浜店で2020年4月7日にメーカー販売員が陽性と分かったが、臨時休業は2日後の9日からだった。同社は事実確認に時間がかかったと説明したが、様々な憶測を呼び、休業や時短に取り組んでいないことも批判された。

   同社は、直後に全店の短縮営業を発表し、緊急事態宣言の出た東京都などで休業も検討していると明かした。その後、14日から7都府県の16店で休業したが、10日ほど経った24日には営業を再開した。同社サイトによると、生活必需品やそれに準じた商品を扱う家電、テレビ、オーディオ、パソコン、自転車などの売場に限定して、感染防止対策を取ったうえで営業している。

   これに対し、情報提供フォームには、店の関係者だとする人からの疑問や批判が相次ぎ、ツイッター上でも同様な声が寄せられている。

   ヨドバシ内の専門店で働いているという京都府内のある会社員は19日、「京都駅周辺ほぼ閉まっている中、ヨドバシは開いています」として、フォーム投稿でこう疑問を呈した。

「店内は自粛しない市民が用もないのにフラフラしてるだけです。専門店もヨドバシが閉まらない限り休店しないと会社から言われてます。発症者が出たら閉まる。では遅い。本当にスーパーのように必要な場所でしょうか」

   専門店で働いているというこの会社員は、ヨドバシについて、「フラフラしてる市民のたまり場でしかない。でも働くしかない」と締め括っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中