2020年 6月 2日 (火)

コロナ禍、ラブホテル従業員の本音 自粛中の「満室」に思いは...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   J-CASTニュースの情報提供フォームには2020年4月以降、さまざまな業種の「現場」で働く人から、コロナ禍の中での生々しい状況を伝える投稿が、日々寄せられている。

   その一部はシリーズ「#現場を知って」として記事化してきたが、今回紹介したいのは、ある「ラブホテル」従業員からのメッセージだ。

  • コロナ禍のラブホテルの現状は(イメージ)
    コロナ禍のラブホテルの現状は(イメージ)
  • コロナ禍のラブホテルの現状は(イメージ)

都内から「遠征」する客も?

「コロナが騒がれてからは若い年代の方が少し増えたかと思われます。スタッフからの連絡では、最近は県外のナンバーもよく見られるそうです。都内の方は自主休業をされているホテルが多いそうで、その影響でひっそりとやっている所に集まっているのかと思われます」

   そう証言するのは、神奈川県内のあるラブホテルで働く従業員だ。投稿フォームにメールがあったことをきっかけに、ゴールデンウイークさなかの5月5日、ツイッターのダイレクトメッセージを通じて話を聞いた。

   この従業員が言うように、新型コロナウイルスの流行以後、都内などのラブホテルでは、営業を自粛する動きが。たとえば、首都圏などに展開するホテルバリアングループでは、新宿エリアの3店舗で、4月6日以降臨時休業を実施している。

   ネット検索の件数推移をまとめる「Googleトレンド」のデータも、こうした状況の傍証となる。

   過去のデータを見ると、例年ゴールデンウイークやお盆、クリスマス~年末など、繁忙期に合わせて検索件数は上昇する。利用動向と、ネット上での検索行動は、かなり連動しているようだ。

   さて、2020年はと言うと、2月あたりからその数値は目立って減少傾向にある。特に3月末あたりからは、さらにその数字を減らす。さすがに、人々の足はかなり遠のいているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック