2020年 9月 28日 (月)

「ポリ袋防護服」教育機関が寄付も... 誹謗中傷で地元医師会「非常に残念」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの影響で防護具不足が深刻な医療現場を助けようと、兵庫県宝塚市の私立、雲雀丘(ひばりがおか)学園が在校児童や生徒の協力で「ポリ袋防護服」を作り、地元の医師会に寄付したという記事に対し、ツイッター上で一部「美談にするな」「善意のゴミ」などの反応があがった。

   簡易防護服を受け取った宝塚市医師会の栗田義博会長は、J-CASTニュースの取材に対し、簡易防護服について「非常に助かる」とした上で「(学園が)誹謗中傷されるのは非常に残念だ」と語った。

  • 「ポリ袋防護服」受け取った医師会の反応は(画像はアイグレーのニュースリリースより)
    「ポリ袋防護服」受け取った医師会の反応は(画像はアイグレーのニュースリリースより)
  • 「ポリ袋防護服」受け取った医師会の反応は(画像はアイグレーのニュースリリースより)

安全面を問題視する声も

   記事は毎日新聞が20年5月6日に公式サイト上で報じたもの。雲雀丘学園が傘下の幼稚園、小学校、中学・高校の児童、生徒や保護者らにポリ袋を使った防護服の作製を呼びかけ、集まった防護服約1400着を5月1日に宝塚市の医師会などに寄贈したという内容だ。

   記事には、学園の中学・高校の家庭科担当教諭がポリ袋を使った簡易防護服の作り方を動画で公開し、児童・生徒に家庭で作業をしてもらったとある。また、寄付を受けた宝塚市医師会・栗田会長の「医療の現場では足りなくて困っていた。十分に役に立ち、ありがたい。子供たちの励ましが何よりうれしい」というコメントも掲載されている。

   しかし、記事を見た一部のツイッターユーザーからは、医療に詳しくない児童や生徒が作った防護服の安全性を問題視する声や、「美談にするな」といった声があがった。中には「『善意のゴミ』だ。しかも、批判するとワルモノ扱いされるタチ悪いやつだ。何度も言うけど、お気持ちで感染症は防げないんですよ」と学園を非難するツイートもあり、広く拡散されていた(当該ツイートは5月8日17時時点で見られなくなっている)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中