2020年 10月 22日 (木)

きゃりーと指原莉乃、「#検察庁法改正案に抗議します」で見えたスタンスの違い

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   2020年5月17日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(27)が行った検察庁法改正案への抗議についてのツイートが紹介された。

   きゃりーさんは10日、ツイッター上で同法案への抗議が盛り上がりを見せる中、「#検察庁法改正案に抗議します」とのハッシュタグを付けつつ、同法案の論点が整理されているとする相関図をツイート。同ツイートはきゃりーさんの主張に賛同するファンと反対するファンの間で激論を呼び、きゃりーさんのアカウントは「炎上」した。

  • 「似た者同士」の2人の対応は、どこで割れた?
    「似た者同士」の2人の対応は、どこで割れた?
  • 「似た者同士」の2人の対応は、どこで割れた?

「若者文化のアイコン」からの政治主張に驚きが広がった

   このため、その後、きゃりーさんはツイート消去。ツイートを行った真意についてきゃりーさんは、法案については「今コロナの件で国民が大変な時に今急いで動く必要があるのか」と説明。また、画像については「若い方でもわかりやすいように画像を掲載させていただきました」と明かした。

   とかく、ネット上では荒れがちな政治に関するツイート。それでも、今回、きゃりーさんは自らの主張を明かすべく行った。抗議の声を上げた芸能人は他にも多数いたが、「若者文化のアイコン」とでも言うべききゃりーさんが声を上げたことに驚く声は多く、きゃりーさんのツイートはネットニュースで大きく報じられるなど、話題を呼んだ。

   一方、17日放送の「ワイドナショー」では、きゃりーさん同様、「若者文化のアイコン」と呼べる存在から、検察庁法改正案への抗議およびきゃりーさんのツイートへの意見が飛び出した。

   元HKT48の指原莉乃さん(27)は、今回の検察庁法改正案への抗議についてはツイッター上で知ったことや、同運動への賛同をツイッターユーザーから促されたとしつつ、「(賛成派と反対派の)双方を話を聞かずに、どっちもの意見も勉強せずに、『広めなきゃ!』っていう人が多い感じがしている」と指摘。「正直、この件に関して私はそこまでの信念がなかったので、つぶやけなかった」と、自らは行動を起こさなかった理由を説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中