2020年 10月 31日 (土)

黒川検事長辞任で「むしろ身軽に」? 安倍政権への影響は限定的なのか

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新聞記者らとの賭けマージャン問題で辞職した東京高検の黒川弘務検事長について、「処分が軽すぎる」などと政府への疑問や批判がネット上で噴出している。

   安倍晋三首相は、「責任は私にある」と説明したが、責任の取り方などは示さないままだ。世論が落ち着くのを待って、このまま乗り切るつもりなのだろうか。

  • 安倍晋三首相(5月14日撮影)
    安倍晋三首相(5月14日撮影)
  • 安倍晋三首相(5月14日撮影)

訓告処分は、ヤフー調査で9割以上が「納得できない」

「身内に大甘すぎる。日本は法治国家じゃなくなった」「退職金が出るということですね。本当にあり得ない」「感覚が国民と違い過ぎる」...

   黒川検事長について、森雅子法相が2020年5月21日、懲戒ではなく訓告処分にしたと発表したことが報じられると、ニュースサイトのコメント欄などでは、こんな声が多くの支持を集めた。

   失望の声は多く、ヤフーニュースの「みんなの意見」で、今回の処分について22日からアンケートを始めたところ、同日19時までに8万件以上もの意見が寄せられ、「納得できない」との回答が94%にも達している。

   コメント欄などでは、新しい政治を期待して、「今の知事さん達で新しい政党を作り選挙に出れば?」「もう総理大臣も直接国民で投票させてください」といった意見にも支持が多くなっている。

   安倍晋三首相は、22日の衆院厚生労働委員会で、黒川検事長の定年延長への自らの責任を認めて、「批判は真摯に受け止めたい」と述べた。しかし、訓告処分については、「稲田伸夫検事総長が事案の内容、諸般の事情を考慮し処分を行った」とあくまで検察側の判断だとした。

   菅義偉官房長官も同日の会見で、法務省がすでに賭けマージャンについて調査したとして、再調査は不要との認識を示した。森法相は会見で、進退伺いを出したと明かしたが、安倍首相に慰留されて続投すると説明した。つまり、政府は、これで解決済みだと言いたいようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中