2020年 10月 1日 (木)

創作者向けサービスBOOTHにも「情報商材」の魔手が 運営側は規約変更で対策

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ピクシブ(東京都渋谷区)は2020年6月5日、クリエイター向けショップ作成サービス「BOOTH」に、FX、株、仮想通貨など金融に関する情報商材、それに伴うツール及び関連商品の販売登録を禁止するとして、1日に変更を発表した規約の文言を訂正した。

  • 「BOOTH」公式サイトより
    「BOOTH」公式サイトより
  • 「BOOTH」公式サイトより

「今後のトラブルを未然に防止するため」7月1日から変更

   「BOOTH」は、同社の運営するイラストサイト「pixiv(ピクシブ)」と連携したウェブショップ作成サービス。一般的に、趣味で作成された自費出版の本「同人誌」が売買されている。イラスト集や漫画、小説などが多く並ぶが、評論本、グッズ、音楽、映像・写真作品、ソフトウェア・ハードウェア、素材データといった幅広い創作物の頒布が可能だ。ただし、「具体的な創作物を伴わないサービス提供、及びそのおそれのある商品」の登録は禁じていた。

   しかし、6月1日に規約の変更を発表した。ピクシブは、情報商材や金融取引に関する商品のトラブルが多発しているとする国民生活センターの統計を参考にし、

「BOOTHは創作物を通じてクリエイターやファンに楽しんでいただくためにサービスを提供しており、今後のトラブルを未然に防止するため、下記へ記載した金融取引又はそれに関連する情報商材やそれによりトラブルを招く恐れがある商品の登録を禁止することにいたしました」

と、情報商材の登録を禁じると発表した。変更後の規約は7月1日から適用する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中