2021年 5月 18日 (火)

「風と共に去りぬ」単純に「差別表現の削除や差し替え」しない理由→「偏見の存在自体を否定することになる」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

歴史的文脈を含む映画をどう取り扱うか

   HBO Maxと同じくワーナーメディアの傘下であるCNNは10日にウェブ版で配信した記事の中で、この映画には多数の問題的要素を含んでいると述べる。そして、このような問題への取り組み方について、ディズニーのストリーミングサービス「Disney+」の事例を紹介する。「Disney+」では、「この番組は最初に作成された通りに表示されます。古い文化的な描写が含まれている可能性があります」という免責事項をつけたうえで、アニメーション映画「ダンボ」などの公開を行っている。

   CNNはこのような実態を受けて、「ワーナーメディアにとって、古い映画の文脈を理解することは新しい問題ではありません」とし、こう解説する。

「『風と共に去りぬ』をめぐる具体的な議論も新しいものではありません。しかし、HBOマックスが指摘したように、米国は今再び、人種問題の歴史や、人種への姿勢がその時代の文化や娯楽を通してどのように醸成されてきたのかにぶつかっているのです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中