2021年 5月 13日 (木)

「風と共に去りぬ」単純に「差別表現の削除や差し替え」しない理由→「偏見の存在自体を否定することになる」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

日本でも注意書きを設けて放送するドラマが

   日本でも歴史的背景に基づくドラマなどを放映する際に、注意書きを用いることがある。 テレビ神奈川は現在、2004年に放映されたドラマ「牡丹と薔薇」の再放送を行っている。同作は「ドロドロの愛憎劇」として高い評価を得る一方で、過激なシーンなど現在では問題となりえる要素が多数含まれる。そのために、再放送では冒頭に「これからご覧頂きます作品は一部不適切な表現も含まれますが作品のオリジナリティを尊重してそのまま放送させて頂きます」という注意書きを表示している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中