2020年 9月 19日 (土)

優勝はDeNA!巨人は?阪神は?そして「最下位」は... 齊藤明雄氏の2020年セ順位予想

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   プロ野球のセ・パ公式戦が2020年6月19日にいよいよ開幕する。今シーズンは新型コロナウイルスの影響で開幕が約3カ月延び、試合数は120試合に短縮して行われる。

   プロ野球ファンが待ちに待った開幕。J-CASTニュース編集部は、横浜大洋、ベイスターズで投手として活躍し、現役引退後は横浜ベイスターズの投手コーチを務めた齊藤明雄氏(65)に今シーズンのセ・リーグの順位を予想してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「佐野選手、オースティン選手の2人で十分に穴は埋められる」

   齊藤氏が2020年シーズンのセ・リーグ優勝チームとしたのはDeNAだ。昨シーズンは1位の巨人に5.5ゲーム差の2位に終わり、クライマックスシリーズ(CS)では、ファーストステージでリーグ3位の阪神に1勝2敗で敗退。監督に就任して5年目を迎えるアレックス・ラミレス監督(45)の悲願はなるのか。

「外国人枠が4人から5人に増えたのは横浜にとって大きな追い風になるでしょう。野手の3人を入れて、パットン投手、エスコバー投手の2人を入れることができる。ピープルズ投手を先発で起用する場合は、調子の良くない選手を外せばいいわけですから。投手陣では、右肘に炎症をおこした上茶谷投手が少し心配ですが、先発の枚数も揃っていますし、安定感があります。野手でいえば、筒香選手が抜けましたが、佐野選手、オースティン選手の2人で十分に穴は埋められるでしょう」(齊藤氏)

   齊藤氏が2位に予想したのが広島だ。昨シーズンはリーグ連覇を逃して4年ぶりのBクラスに転落。2015年から5年間チームの指揮を執った緒方孝市監督(51)が19年シーズン限りで退任し、佐々岡真司・1軍投手コーチ(52)が新監督に就任した。MLBを目指した菊池涼介内野手(30)がチームに残留し、FA(フリーエージェント)での移籍もなかったため昨シーズンとほぼ同様の戦力が整っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中