2020年 7月 9日 (木)

予定通りの開幕なら優勝候補は楽天だったが... パの順位、橋上秀樹氏の予想と根拠

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球ファン待望の公式戦が2020年6月19日に開幕する。新型コロナウイルスの影響で今シーズンは特別ルールが適用され、レギュラーシーズンは120試合で行われる。スケジュールを短縮したため連戦が増え、変則的なカード編成となる2020年シーズン。J-CASTニュース編集部は、楽天の元ヘッドコーチであり、巨人、西武、ヤクルトでコーチを務めた橋上秀樹氏(54)に今シーズンのパ・リーグの順位を予想してもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「内海投手の調子が良いと聞いています」

   橋上氏がパ・リーグ優勝を予想した球団は西武だ。昨シーズンはソフトバンクを抑え、リーグ連覇を果たした。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに敗退し、2年連続で日本シリーズ出場を逃した。今シーズンは昨シーズン同様にリーグを代表する強打者がズラリ顔を揃え、チームの得点力は12球団でもトップクラスを誇る。

「ここ何年かは、打撃が投手力の弱さをカバーしてきました。今年も強力打線に変わりありませんが、投手陣に上積みがみられます。昨年、巨人から移籍してきた内海投手の調子が良いと聞いていますし、他チームの投手陣の調整が遅れるなか、西武の投手陣はうまく調整できている。昨年に比べて投手陣にプラス材料があります。開幕から一気に突っ走る可能性もあると思います」(橋上氏)

   西武に続く2位としたチームは楽天だ。昨シーズンはリーグ3位でAクラスを死守。今シーズンは平石洋介監督(40)に代わって2軍監督だった三木肇氏(43)が1軍監督に就任した。昨オフはFA(フリーエージェント)で美馬学投手(33)がロッテに移籍し、涌井秀章投手(33)をロッテとの金銭トレードで獲得。MLBの元パドレス牧田和久投手(35)も今シーズンの新戦力となる。

「今年のシーズンが予定通り3月に開幕していれば、楽天が優勝候補でした。オープン戦の内容が非常によく、開幕が延期にならなければ良い形でシーズンに入れたと思います。ここ最近の練習試合では、岸投手と松井投手の投球内容があまりよくありませんでした。牧田投手、涌井投手が新戦力として加わり層が厚くはなったとはいえ、西武の強力打線をいかに抑えることが出来るか。今の西武打線を抑えるのはそう簡単ではないでしょう」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中