2020年 11月 24日 (火)

あゆドラマ「M」、最終回が予測不能! 6話にして原作離れ...ラストは「超展開」も?

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   歌手の浜崎あゆみさん(41)の自伝的小説をドラマ化した「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の第6回が、2020年6月27日に放送された。

   ドラマでは福岡県から上京してスターを目指すアユ役を歌手の安斉かれんさん(20)、アユを発掘してスターの座に押し上げるプロデューサー・MAXマサ役を俳優の三浦翔平さん(32)がそれぞれ務める。第6回となる27日の放送ではアユの1999年における活躍ぶりが描かれた。

  • 「M 愛すべき人がいて」公式サイトから
    「M 愛すべき人がいて」公式サイトから
  • 「M 愛すべき人がいて」公式サイトから

1999年発売のシングルが続々とBGMに

   番組中盤、CDジャケット撮影の準備のために控え室の鏡の前で準備をするアユ。分刻みのスケジュールをマネージャーから告げられ、仕事へのさらなる意欲を見せるアユを描くシーンだったが、BGMとして流れていたのは、浜崎さんが同年2月に発売した6枚目のシングルである「WHATEVER」だった。

   また、直後のシーンではアユのレコーディングのシーンが流れたが、そこでのBGMは、同年5月に発売された8枚目のシングルである「TO BE」。同曲に合わせて安斉さんがレコーディングの演技を行うことで、テレビ画面の中にあたかも浜崎さんがいるかのような仕上がりとなっていた。

   また、その後のシーンでは同年7月に発売された9枚目のシングル「Boys & Girls」が流れる中、アユの「紅白」への出場が決まり、沸き立つスタッフらの姿が描かれたほか、劇中のテレビ放送で、アユが「アジアレコードCD大賞」を受賞する姿が描かれるなど、往年の浜崎さんの大活躍のオマージュとなるシーンが相次いだ。

   そして、これらのシーンが終わると、時代は年明けである2000年に転換。「紅白」と「アジアレコードCD大賞」出演による、さらなるCD発注が相次いでいることをうれしそうに話すマサの部下・流川翔に対し、マサは「アユはもう、若者だけのカリスマじゃない。日本のスターだ」と自信を見せる姿が描かれたのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中