2020年 8月 8日 (土)

鳥越俊太郎氏「コロナは単なる風邪」拡散の真意 取材に「なんでもかんでもマスクしろ、全員マスクというのは...」

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(80)が、「コロナは単なる風邪。マスクはしなくてよい」との内容のフェイスブック投稿をシェアし、その意図は何かと波紋が広がっている。

   鳥越氏自身は、「感染していないと思っている人もマスクはした方がいい」とコメント欄で説明している。それならば、なぜこのような投稿に好意的に反応したのだろうか。J-CASTニュース編集部は、本人に話を聞いた。

  • 鳥越俊太郎氏(2017年撮影)
    鳥越俊太郎氏(2017年撮影)
  • 鳥越俊太郎氏(2017年撮影)

「それは間違い」と指摘されると、フェイスブック上で反論

   「ドンピシャリ! その通り!」。鳥越氏は、2020年7月1日のフェイスブックで、ある投稿をシェアしてから、こうコメントした。

   その投稿は、「コロナは単なる風邪であり、マスクはしなくてもよい。メディアに騙されてはいけない」といった内容になっている。

   鳥越氏の投稿シェアについては、「KSL-Live!」など一部ネットメディアでも取り上げられ、ツイッターなどで話題になった。フェイスブックのコメント欄では、「仰る通り」との声もあったが、疑問や批判も次々に寄せられた。「それは間違い」と指摘されると、鳥越氏は、その指摘こそ間違いだとして、「マスクは感染予防には意味なし。感染者が移さないようにつけるのは意味あり」だと説明した。

   無症状の感染者もマスクをしなくていいのかと問われると、こう答えた。

「私はいかなる場所でもマスク必要ない、とは言ってませんよ。マスクは予防には意味がない、ただし感染者がマスクで他人にはうつさないので、感染の疑いのある人はマスクは必ず。また自分がチョット思う人もやっ方がいいだろうね」(原文ママ)

   鳥越氏自身は、新型コロナウイルスの抗体検査を以前に受けて陰性だったため、コロナには感染していないとした。しかし、「これから感染する可能性はある」とも認め、感染していないと思っている人もマスクをした方がいいと言われているとして、自身も、スーパーやコンビニ、バス、電車などではマスクをしていると明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中