2020年 9月 21日 (月)

アマビエ商標出願の製菓会社社長に聞いた 取得できたら他社への対応は?

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   新型コロナウイルスの退散祈願としてブームとなっている妖怪「アマビエ」の文字商標を、広告代理店大手・電通が出願(のちに取り下げ)していたことにインターネット上で賛否の声があがったが、アマビエを商標出願しているのは電通に限った話ではない。中でもいち早く出願し、影響の大きさを懸念する声があったのは、製菓会社「お菓子のさかい」(本社・福島県石川町)である。

   アマビエをモチーフにしたり、商品名に冠したりした和菓子などは全国で作られているため、もしお菓子のさかいが商標権を取得した場合、他社がアマビエの菓子を販売できなくならないか、という指摘があがっていた。ただ、同社の酒井秀樹・代表取締役社長はJ-CASTニュースの取材に、もし商標権が取得できても「権利はオープンにして誰でも使えるようにします」と明言する。ではなぜ出願したのか。詳しく聞いた。

  • 『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵)
    『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵)
  • 『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵)

「商品販売を差し止められるリスクをなくしたかった」

   特許情報プラットフォームのデータによると、「アマビエ」を含む商標は2020年7月13日現在で13件ヒットし、いずれも審査待ちで、登録はされていない。最も早かったのが4月10日付で「アマビエ」のみの文字商標を出願した「お菓子のさかい」だ。指定商品は第30類の菓子(果物・野菜・豆類又はナッツを主原料とするものを除く)とパン。5月8日には、やや広い範囲でイラストの商標も出願した。

   江戸時代後期に描かれたアマビエだが、新型コロナウイルスが蔓延しはじめた3月上旬ごろから、疫病退散にご利益がある妖怪として人気が沸騰。アマビエが描かれた資料を所蔵する京都大学はデジタルアーカイブを公開し、活用を呼びかけた。アマビエをモチーフにした商品が各業界で販売されており、菓子業界もその1つ。和菓子から洋菓子まで工夫を凝らしたアマビエ商品が全国で作られている。

   多くの人に愛されるアマビエだけに、お菓子のさかいが「アマビエ」の文字を商標出願したことに対しては「権利を独占するのか」という批判的な声もある。だが、同社の酒井秀樹社長は7月10日、J-CASTニュースの取材に「仮に商標権を取れた場合も、アマビエのお菓子を当社が独占したり、他社さんに対して権利を主張したりするつもりはありません」と話す。

   同社はすでに、主力商品のブッセやかりんとう饅頭などに、アマビエをモチーフにした焼き印やイラストをつけて販売している。商標出願したのは、これら自社商品の販売を続けられるようにするためだという。

「商標を取っておかないと商品を販売できなくなる可能性がある、というのが出願の一番大きな理由です。販売し続けられるなら出願を取り下げてもいいのですが、取り下げても誰かが出願するでしょう。そして、もし誰かが利権目的でアマビエの商標を取った場合、すでに関連商品を販売している製菓会社はそちらの意向を伺いながら販売しなければならず、かなり大変になると思います。弊社としては商品販売を差し止められるリスクをなくしたかったのです」(酒井社長)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中