2020年 12月 2日 (水)

Go To論争に「何度も何度も蹴られこの業界は死ぬ」「先が見えません。助けてください」 関係者名乗る匿名ブログ話題

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   「Go Toトラベルキャンペーン」をめぐる議論が続く中、匿名ブログサービス「はてな匿名ダイアリー」に観光業関係者を名乗るユーザーによる悲痛な投稿が相次ぎ、話題となっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「この業界は死ぬ」

   総額1.35兆円の大規模事業「Go Toトラベルキャンペーン(以下、Go To)」は、地域経済復活に向けた観光支援策だ。国内旅行を対象として、旅行代金の「2分の1相当額」を地域共通クーポンなどで支援する。

   一方で、新型コロナウイルスの感染拡大下で実施されることへの批判も多い。署名サイト「Change.org」で2020年7月11日に開始した反対運動は、17日までに11万人以上の賛同者を集めている。

   そんな中、14日に「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「観光に携わる業界からの遺書」と題された記事は「勤めている企業は業界ではそこそこ大きいが、今月来月で大規模な解雇が行われる」という書き出しに始まる。

   先んじて退職をすることにしたという書き手は「Go To」に対する批判を指してか、

「何故落ち着いてからキャンペーンを始めないのか。落ち着く時には死んでいるからだ。何故このような状況下でキャンペーンは動いているのか。最初に影響を受けた為に以前より対応が検討され今やっと始まるからだ」

と説明。その後も

「その予算を直接補助に回せばいいと言うあなたへ。この業界に携わる人間は400~500万人(※編注:観光庁の調査によれば2018年時点で、観光産業への就業者数は673万人)。1.3兆を全員で割ったら1人30万円前後。あらゆる補助を受けても1年は暮らせない。そして観光に携わる人々は一元的ではなく業務の全てが対観光からほんの一部まで広範に渡る。受け取るべき人々の線引きはどうやって決める」
「キャンペーンが業界への補助ではなくあなたへの補助なのは、あなたの助けを何より必要としているからだ。けれど助けを求めたはずのあなたに口を塞がれ、何度も何度も蹴られこの業界は死ぬ」
「これは無知で浅はかなデモに叩かれ、疲れ、呆れ、憤りを込めた遺書だ」

などと悲痛な言葉が続いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中