2020年 8月 12日 (水)

NGT48インタビュー 1年9か月ぶりシングルで「新しい印象をお届けできるのでは」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新潟県を拠点に活動するNGT48が、5枚目のシングル「シャーベットピンク」を2020年7月22日に発売する。センターポジションに選ばれたのは、新潟市出身の藤崎未夢(みゆ)さん(19)。正規メンバーになる前の「研究生」と呼ばれるポジションから初めての抜擢だ。

   NGT48にとって新曲発売は1年9か月ぶり。この間、グループには世論から厳しい目も向けられたこともあったが、グループのエースとも言える本間日陽(ひなた)さん(20)は20年1月に初のソロコンサートを実現させるなど、活動の幅を広げてもいる。藤崎さんと本間さんに、新曲発売で踏み出す「新たな一歩」に向けた意気込みを2回にわたって聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • NGT48の本間日陽(ひなた)さん(左)と藤崎未夢(みゆ)さん(右)。新曲「シャーベットピック」では手で「N」の文字をつくる振り付けがある
    NGT48の本間日陽(ひなた)さん(左)と藤崎未夢(みゆ)さん(右)。新曲「シャーベットピック」では手で「N」の文字をつくる振り付けがある
  • NGT48の本間日陽(ひなた)さん(左)と藤崎未夢(みゆ)さん(右)。新曲「シャーベットピック」では手で「N」の文字をつくる振り付けがある

「何をしてたの? 久しぶり」に重ねるファンとグループの関係性

―― NGT48の楽曲といえば「Maxとき315号」のように、どちらかと言えば冬のイメージが強いですが、今回の表題曲「シャーベットピンク」は、初めての「夏曲」です。アップテンポな曲調で、キラキラ感を含めて、まさに「48グループの王道」という印象です。お二人にとって、どんな印象の楽曲ですか。

藤崎: 今までのNGT48の曲のイメージとはちょっと違った、アイドルらしいキラキラした感じの曲だな、ということを最初のイメージとして持ちました。1年9か月ぶりにシングルを出させていただけるということで、新しい一歩を踏み出すという上で、新しいNGT48の印象をお届けできるのでは、と思いました。
本間: すごくわくわくするようなイントロで、きっとライブでやったら盛り上がるんだろうな、というのがすごく想像できて...。まだファンの皆さんの前ではお披露目できていませんが、すごくお披露目するのが楽しみな曲です。

―― ミュージックビデオ(MV)は、全員が集合するダンスシーンと、出演メンバーごとのシーンに分かれています。後者は夏の日に恋人に再会するシーンをイメージしているとのことですが、それぞれに役柄や設定があるそうですね。

藤崎: 私は同い年の男の子と2年ぶりに再会する、という設定です。懐かしいお話をしながら、カメラで写真の取り合いっこをしたりするお散歩デートみたいな感じでした。

―― 7月10日のLINE LIVEの番組では、中井りかさん(22)が藤崎さんについて「バブみ強すぎて」と言っていました。

本間: 赤ちゃんのように、つるんとしてて、愛でたくなるような感じです。

―― 本間さんの役柄はいかがですか。

本間: 私も同級生の男の子と再会する役柄です。相手が同い年なので大学3年生という設定で、帰省してきて久しぶりに会うというイメージでした。

―― 歌詞には「元気だったかい? 何をしてたの? 久しぶり」という一節があります。新曲リリースが1年9か月だということもあり、NGT48とファンとの関係性と重ねて受け止める人も多そうです。

本間: はい、そうですね。自分たちもそこを歌っていて、そういう気持ちのほうが近いというか、ファンの人たちにやっとお届けできるという、「久しぶり」という自分たちの気持ちとリンクさせて歌っています。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中