2020年 8月 13日 (木)

三浦春馬さん、新曲M V共演者らが哀悼の言葉 監督が明かす撮影秘話に「どこまで優しいの」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   2020年7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さんのセカンドシングル「Night Diver」のミュージック・ビデオ(M V)が、24日22時、所属レコード会社A-sketchの公式YouTubeチャンネルで公開された。

   このM Vの出演者やスタッフが、三浦さんへの追悼の言葉をツイッターに投稿している。

  • 三浦春馬さん(2008年撮影)
    三浦春馬さん(2008年撮影)
  • 三浦春馬さん(2008年撮影)

撮影中、ダンサーを気遣い...

   「Night Diver」のM Vは、三浦さんが出演する予定だった24日放送の「ミュージックステーション 3時間半SP」(テレビ朝日系列)で披露され、その後YouTubeで公開された。

   M Vに出演したダンサーのRYOMAさんは24日夜、映像へのリンクとともに、

「春馬さんとこうしてパフォーマンスが出来た事。一生忘れません。本当にずっと笑顔で、素敵な方でした。
本当に、ありがとうございました。」

とツイート。他のダンサー4人もそれぞれが自身のツイッターで三浦さんへの感謝と、哀悼の意を表した。

   また、撮影に関わったスタッフも三浦さんを悼んだ。

   ヘアメイクを務めたRYOさんは、

「ホントにやりきった。 全く弱音も言わず。
何度踊ったか。
美しい。」

と、撮影時を振り返る。また、監督を務めた東市篤憲さんは25日未明、自身のツイッターに

「三浦春馬さんが、楽曲の世界観をダンスと表現にこだわりをもって演じたMV、Night Diver。その瞬間の一つ一つのシーンの表情や身体性に魅せられました。撮影中、何度も他のダンサーが寒くないかケアしてあげてほしい。と声を出していたことが印象に残っています。ありがとう。」

と投稿。M Vでは、三浦さんとダンサーらは足元に水が張られた空間で踊っている。上から雨のように水を降らせるシーンもあった。

   東市さんのツイートには、

「どこまで優しいの 自分が一番濡れているのに」
「また泣く 彼の才能と、その優しさに」
「また一つ、彼の素敵なお人柄を窺い知るエピソードを添えてくださり、ありがとうございました」

など、三浦さんの人柄を偲ぶ声がファンから寄せられた。

   「Night Diver」のYouTubeでの再生回数は25日16時現在、300万回を超えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中