2021年 2月 27日 (土)

24時間テレビで「偽善」に言及 高橋尚子、さだまさし...出演者の「訴え」、ネットはどう受け止めた?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

さだまさし「もともと偽善者だから」

   今回の24時間テレビは「動く」をテーマとしたが、「動きすぎる」人としてシンガーソングライター・さだまさしさんが出演。ここでも「偽善」について語られるシーンがあった。

   さださんは、20代で膨大な借金を抱えると全国でコンサートを繰り返した。50代で完済すると、「自由にしよう」と60歳での引退を考えていた。だが東日本大震災後、被災地でコンサートし、喜ばれると、「やれることがある。一生歌い続けよう」と心に決めたという。そして積極的にチャリティーに動き、15年には「風に立つライオン基金」を作った。

   さださんは番組で、「売名行為、偽善行為とか、言う人は必ずいるから」と自らの活動について言及。「つらくないのか?」と聞かれると、「痛くもかゆくもない」と即答した。

「『売名行為』っていうけど、俺結構もう売れてるし、名前。『偽善行為』って言われても、もともと偽善者だから。そうだよ。言うだけ言って何もしないやつよりは、偽善者でも人のためにやるやつのほうがいいじゃん」

   ツイッター上では放送中や放送後、「24時間テレビも高橋尚子も偽善者の集まりや」「偽善かどうかとかの前にどーいう理屈なのか分からんからポカンとされてるだけだと思う」「24時間テレビが偽善って何年も話題になってるけど、たいていの人が自分の言葉じゃない気がするんだよ」となおも批判的な声が。ただ一方で、出演者自ら「偽善」に関して発言したことについて、

「ほんまやらない善よりやる偽善といいながら走る高橋尚子凄いな。やつれながら走る姿素晴らしいな、この暑さの中なのでちょっと心配ではある」
「24時間テレビで高橋尚子が『偽善だと言われても、それで1人でも多くの人が救われるならば、偽善でもやる価値はある』って言ってて。首がもげそうになるくらい共感した。今まで偽善って言っててごめんなさい」
「さだまさしさんの言葉に全て凝縮されていると思った。『売名?もう名はうれてるから笑。偽善?そうだよ、偽善者だよ。何もしないよりしたほうがいい。』と。今年やり切ってくれた日テレに拍手」
「偽善的だなんて全く思わない。良い子ぶりっこだなんて全く思わない。Qちゃんも太鳳ちゃんも大好き。私も小さな目標をつくって小さくとも一歩を動き出したいと思う。ありがとう」

などと称賛する声も少なくなかった。

この投稿をInstagramで見る

2日目の #24時間テレビ #募金ラン のバトンを これから受け取りたいと思います。 . 日本にはチャリティー活動が まだあんまり根付いてないと聞くことがありますが、 確かに寄付や支援に関する話題は 難しいのかなと感じることもあるし 「偽善」という感じ方も存在すると思います。 お金をかけて番組を作るなら、 そのお金を寄付すればいいという意見も目にします。 安全への配慮のしかたや 大事にする視点によって いろいろな考え方があると思うし、 いろいろな意見があること自体が とても大切だと思います。 . そのいろいろな考え方のひとつとして 私が思うのは 寄付や援助だけだと、 「する側」と「される側」という、 2つの立場しか生まないかもしれない。 そうなったら結局 「限られた世界でのやりとり」になってしまって 問題が広く認識されないのかなと思うし 自分自身そう感じる体験もありました。 それはまた26日以降に書きますが、 社会の中で、孤独と闘いながら 踏んばってる人たちがいるということは、 「伝えなければ 伝わらないこと」だと思います。 伝わってないから孤独なのだと思います。 . 私はまだ社会の現実を知らないから 理想だけを思うのかもしれないけれど、 お金だけ渡しても解決しきれないことは多くて、 お金を集めるシステムというよりは 「たくさんの人の心が 集まるしくみ」を 考えなきゃいけない気がしていて、 それにはまず 「伝えること」が一歩なのかもしれないと 自分では思ってます。 . 最近「ワンオペ育児」という言葉を知りましたが 子育てを一人で抱え込んで心の苦しさを感じてる人や ほかにも家庭の事情で 勉強や部活に接することが難しい子どもたちや、 家の中の辛さを誰にも打ち明けられない人や子どもたち、 生活や介護を一人で支えて心身が限界を感じる人も 多い時代だと思うので、 今回、「チームQ」として挑戦することによって、 チームという存在の大切さも 伝えられたら嬉しいです。 . もちろんチームなら何でも解決するわけじゃないし 人間関係によっては辛い場になるし チーム的な存在を負担に感じる人もいると思うけれど、 「一人ではなく誰かと乗り越える」 という方法にこだわらず 「一人で踏んばってることを、誰かが知っている」 という状況にするだけでも、 何か変わってくる気がします。 . 誰かが誰かを助けるというよりは、 誰もが、何かに取り組めることを 見つけたり実感するきっかけを作るのが チャリティーだったらいいなと思っていて、 アーティストの方々が パフォーマンスや作品を通して チャリティー活動をしたり アスリートの方々がスポーツを通して 支援や募金をしたりするように 今日の #募金ラン も ランナーが募金するという新しい形を試すことが 新しい一歩になると思ってます。 . その一歩の先で これから先、チャリティー活動に対して  いろいろな人が参加しやすくなったり 新しい夢のヒントを  感じていただけたら嬉しいです . 写真は 家の周りをグルグル走っていた子どもの頃! 朝も昼も夕方も、姉と弟とで走ってました。 一日目のゴールをしたあと汗でメイクが落ちていて すっぴんになっていたのをテレビで観た家族が 「変わらないねー!」と送ってきました。 確かに、変わらないなと思います

土屋太鳳(@taotsuchiya_official)がシェアした投稿 -

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中