2020年 9月 30日 (水)

「中国コスメ」SNS後押しでブーム加速 「チャイボーグメイク」話題も...流行の理由は?

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   昨今の化粧雑貨店の多くには、韓国ブランドの化粧品が並んでいる。そのような輸入化粧品コーナーの一角に、中国ブランドの化粧品(以下「中国コスメ」)も並び始めている。

   J-CASTニュースが、化粧雑貨店などに取材を行うと、若い世代や美容に関心の高い人々の間では「中国コスメ」ブームが加速しているという。中国コスメを取り扱う5社にメールで取材をしたところ、4社がここ1年の間に中国コスメの取り扱いを開始したとのことだった。

  • ズーシー(ZEESEA)「大英博物館 エジプトシリーズ」16色アイシャドウパレット
    ズーシー(ZEESEA)「大英博物館 エジプトシリーズ」16色アイシャドウパレット
  • 増加する「チャイボーグ」の検索数
    増加する「チャイボーグ」の検索数
  • ズーシー(ZEESEA)「大英博物館 エジプトシリーズ」16色アイシャドウパレット
  • 増加する「チャイボーグ」の検索数

「チャイボーグメイク」の流行

   SNS上では2019年ごろから、「チャイボーグメイク」と呼ばれる中国風のメイクが話題となっていた。人を超えた「サイボーグ」のように美しい中国風のメイクであるとして、このような造語が用いられている。中国の古典演劇「京劇」を想起させるような鮮やかな色を用いて、目元や口元にポイントを置き、凛々しく美しい印象を与えるメイクだ。

   このような「チャイボーグメイク」の流行が発端で、中国ブランドの化粧品も注目されるようになったのではないかと多くの化粧品雑貨店は推測している。そのうちの1つライフスタイルストアPLAZA(プラザ)のコスメ担当バイヤー・中野幹也さんは、チャイボーグメイクへの注目によってYouTubeやTwitterなどから中国コスメの情報を集める層が出始め、それに合わせて更なる拡散が起こっているという見方を示した。

Google Trendsより 2019年ごろから「チャイボーグ」の検索数が激増している
Google Trendsより 2019年ごろから「チャイボーグ」の検索数が激増している

   現在最も注目されている中国コスメブランドは、「ZEESEA (ズーシー)」。現在は「ロフト」や「PLAZA」、「コスメラボ」、「@cosme SHOPPING」でも一部商品が取り扱われている。同ブランドの中でも最近話題となった商品は、大英博物館とコラボして発売したアイシャドウパレット。この商品は、大英博物館所蔵されている古代エジプトの遺品をモチーフとしており、異国情緒溢れるパッケージデザインが人気を博している。「チャイボーグ」メイクで用いられるような鮮やかで発色の良い16色のアイシャドウは、絶世の美女であるクレオパトラをイメージしているという。さらに、ザクザクした大粒なラメや、星形のラメも入っており、日本や韓国にはないような派手なものとなっている。

ズーシー(ZEESEA)「大英博物館 エジプトシリーズ」16色アイシャドウパレット
ズーシー(ZEESEA)「大英博物館 エジプトシリーズ」16色アイシャドウパレット

   輸入化粧品販売店「コスメラボ」の運営で知られる日本機能性コスメ研究所の代表取締役・林紗陽さんは、

「やはり材料からパッケージまで一気通貫で作れるという環境が日本では考えもつかないコンセプトの化粧品を生み出しているのだと思います。この5年でデザイン力が上がり、見た目が大変改良されていると感じます」

と、中国コスメのデザイン力について注目している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中