2020年 9月 21日 (月)

エンジンかけっ放しで「車内取り残し」 姉妹死亡で関心、どんな危険があるのか

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   香川県高松市内で幼い姉妹が車内に取り残され、その後死亡が確認されたと報じられ、一体何があったのかと悼む声が広がっている。

   その後、母親(26)が保護責任者遺棄致死の疑いで県警に逮捕される展開になったが、車内の環境などで気を付けるポイントを自動車メーカーに聞いた。

  • エンジンかけっ放しで離れるとどうなる?(写真はイメージ)
    エンジンかけっ放しで離れるとどうなる?(写真はイメージ)
  • エンジンかけっ放しで離れるとどうなる?(写真はイメージ)

「戻ったらエンジンが切れていた」と母親は話したというが...

「エンジンをかけたまま車を離れたつもりだったが、戻ったらエンジンが切れていた」

   読売新聞の2020年9月3日付ウェブ版記事によると、母親は、現場近くの住民にこう話したという。

   この事件では、3日12時40分ごろ、「子供が車内でぐったりしている」と母親から119番通報があった。母親は、「車から少し離れて、戻ってきた」と通報で説明したという。

   各メディアの報道によると、駆け付けた救急隊員が後部座席にいた姉妹に心臓マッサージをしてもぐったりしたままだった。幼稚園に通う3歳と6歳の姉妹は、搬送された病院で14時半ごろに死亡が確認された。死因は調査中だが、熱中症によるとみられている。

   3日の高松市は、最高気温が9月では観測史上最高の37.6度を記録していた。

   母親はエンジンをかけ、短時間車から離れたと思われただけに、当初は母親に同情する声も一部で聞かれた。

   ところが、4日になって、母親は、2日21時ごろから高松市内の飲食店数軒をはしごし、それから通報するまでの間の少なくとも数時間、姉妹を車内に放置していた疑いが出てきた。現場周辺の防犯カメラの映像から分かったといい、母親は、別の場所で駐車して、その後車を移動したともみられている。逮捕された母親は、調べに対し、黙秘しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中