2020年 9月 29日 (火)

キムタク「やっちゃえNISSAN」への違和感 トヨタ・カローラCMの印象が...

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   日産自動車が木村拓哉さんを起用した新作のテレビCM「やっちゃえNISSAN幕開け編」がファンの間で人気を呼んでいる。

  • 日産の公式サイトより
    日産の公式サイトより
  • 日産の公式サイトより

歴代の名車も登場

「平坦な道なんかなかった。何度もつまづき、転びかけた」

   CMは木村さんのそんな語りで始まる。映像にはハコスカの愛称で親しまれる1969年発売の初代「スカイライン2000GT-R」が登場。

   続いて1980年にデビューした初代「サファリ」が文字通りオフロードでバウンドし、転倒しかけるようなシーンが流れる。

   木村さんは「それでも逃げなかったろう。諦めなかったろう。そして誰よりもクルマを愛してきただろう」と語りかける。

   さらに登場するのは、1971年発売の初代「フェアレディ240Z」と1989年発売のR32型「スカイラインGT-R」だ。いずれも日産を代表するスポーツカーで、モータースポーツで大活躍した。

   最後に木村さんは「上等じゃねえか、逆境なんて。待ってても来ない夜明けなら、こっちから迎えに行こうぜ。さあ、いくぞもう一度。やっちゃえ日産!」と締めくくる。

   ここで木村さんは、日産が2021年に発売する渾身の新型電気自動車(EV)「アリア」に乗り込み、画面には「やっちゃえNISSAN」の文字が浮かび上がる。

   このCMは8月22日からテレビでオンエアしているほか、24日からは東京都内の屋外広告にも登場している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中