2020年 9月 24日 (木)

シンガーソングライター谷山浩子「乳がん」公表 「前向きに、治療に臨みます」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   シンガーソングライターの谷山浩子さんは2020年9月12日、乳がんを患っていることを公式サイトとスタッフ公式ツイッターで発表した。今月から治療を開始しており、21年春ごろまでコンサートの開催を見送るという。

  • 谷山浩子公式サイトより
    谷山浩子公式サイトより
  • 谷山浩子公式サイトより

ゲド戦記「テル―の唄」などで知られる

   谷山さんは1972年にシングル「銀河系はやっぱりまわってる」、アルバム「静かでいいな~谷山浩子15の世界~」をリリースして以降、40作品以上のアルバムを発表している。近年では、映画「ゲド戦記』」の挿入歌「テルーの唄」、映画「コクリコ坂から」の劇中挿入歌の楽曲提供を行ったことでも知られている。

   20年9月12日の発表で谷山さんは、

「しばらくはコンサートをお休みして治療に専念し、来年の復帰を目指したいと思ってます。くよくよ悩むのも、『がんばるぞ!』と力みすぎるのも、病気を治すのにはよくないと聞きました。だからリラックスして前向きに、治療に臨みます。コンサートを楽しみにしてくださっていた皆さまには、本当に申し訳ありません! もうしばらく、待っていてくださいね」

とコメントした。

   ファンからは、たくさんの応援コメントが寄せられている。

「お大事になさってください。完治されてステージに戻って来られること心からお祈りしています。ずっと応援しています」
「待ちますよ。治療に専念して下さい。何年でも待ちます」

   これを受けて谷山さんは自身のツイッターを更新し、感謝を述べた。

「温かいお見舞いツイートをたくさん、ありがとうございます。また元気でオールリクエストライブできるように治療がんばります。皆さまも、新型コロナを始めいろいろありますがどうぞお気をつけて、元気でいてくださいね。まとめてのお礼でスミマセン」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中