2021年 9月 24日 (金)

阪神・藤浪晋太郎に「藤川球児2世」の声 中継ぎで9球、2奪三振、3者凡退...

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロ野球・阪神タイガースの藤浪晋太郎投手は、2020年10月6日にマツダスタジアムで行われた広島戦の9回に登板し、9球で抑えきる好投をみせた。

  • 9球3者凡退でファンを沸かせた
    9球3者凡退でファンを沸かせた
  • 9球3者凡退でファンを沸かせた

このまま「藤川路線で成長」?

   3-3の同点で迎えた9回裏、ジョン・エドワーズ投手に代わって登板した藤浪投手。7回に本塁打を放っている大盛穂外野手に対してはまず153キロの直球を投じ、最後はフォークで空振りを取り、3球三振で1アウトとした。続いてのホセ・ピレラ外野手も3球目がセカンドフライ。最後の田中広輔内野手からも159キロの直球で3球三振を奪い、計9球で勝負どころを3人斬りとした。試合は延長で4-4に終わり、惜しくも勝ちは付かなかったがホールドを記録。救援としての役割を果たした。

   藤浪投手は本来先発投手として活躍していたが、制球の乱れによる与四死球の多さなどで知られていた。今シーズンでも開幕から8試合を先発で出場したが、先発としては1勝5敗と、成績は芳しくない。ところが9月26日のヤクルト戦には約7年ぶりに中継ぎで登板。この日も2回を1失点として敗戦投手となってしまったが、これ以降中継ぎとして6試合に登板しており、3ホールドを記録している。

   10月4日の巨人戦では1.1回で6安打を浴び、3失点を記録するなど、中継ぎとしても投球が振るわない日もみられる藤浪投手だが、回をまたがずに1イニングのみで出場した4試合では1安打無失点と好成績をマークしている。

   特に今回マツダスタジアムで投じた9球は阪神ファンを大いに沸かせた。そんなファンの一部でささやかれているのは、「藤川の跡を継いでクローザーになればいいのに」といった「藤川2世」論だ。

「藤浪が藤川路線で成長するとは思わなんだ」

   1998年のドラフトで阪神へ入団した藤川球児投手は、2002年には先発投手を経験しながらも、1軍に定着することができずにいた。その後、04年に中継ぎへ転向したことで大活躍をみせるようになり、「火の玉ストレート」を武器に05年と06年に最多ホールドを獲得。また、クローザーとしての役割も任されるようになり、07年と11年には最多セーブを記録している。

   中継ぎ投手として活躍の芽をみせるようになり、6日には159キロの剛球で回を締めた藤浪投手に藤川投手を重ねてか、ツイッター上では「やっぱ藤浪は藤川球児二世になるべき」「藤浪が藤川路線で成長するとは思わなんだ」「藤川球児が引退を表明して、藤浪がリリーフ覚醒するとか層が厚すぎる」といった声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中