2021年 1月 17日 (日)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 
「武器で戦う用意ある」トランプ支持者の信念

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

集会には車椅子、高齢者も参加

   不穏な空気を感じ、私は複雑な思いで2人と別れ、あちこちからやってきては、どんどん増えていくトランプ支持者らの群れともに、集会場所の「フリーダム・プラザ」へ向かう。

   目の前で警備に当たる黒人警官が、ピンクのコーティングのダンキンドーナッツを美味しそうに食べている姿に、なんだかホッとする。

   集会の2時間前だというのに、会場も道もすでに人で溢れ返り、赤い野球帽と大旗で埋め尽くされている。「STOP THE STEAL(盗みを止めろ)」のサインも目立った。

   「USA! USA!」「4 more years!」「Trump 2020!」「We want Trump!」の合唱があちこちから聞こえてくる。トランプ氏も車で姿を見せ、支持者たちは喜びに湧いた。

   集会は正午に、脱帽しての祈り、国旗への「忠誠の誓い」、そして国歌斉唱とともに始まり、「God Bless America(ゴッド・ブレス・アメリカ=アメリカに神のご加護がありますように)」なども歌った。

   集会はおおむね平和的で和やかな雰囲気で行われた。見知らぬ人同士で言葉を交わしたり、写真を撮る時に場所を譲り合ったりしている。参加者の中には車椅子や高齢者の姿も目立ち、周りの人たちが手を差し伸べていた。カトリック教会の宣教師グループや、米軍の関係者なども参加していた。

   さまざまな人種や年齢の演説者が、「大統領を決めるのはメディアではない」「これはTrumpの集会ではない。Truth(真実)の集会だ」などと訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中