2021年 1月 17日 (日)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 
「武器で戦う用意ある」トランプ支持者の信念

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

「トランプ大統領就任」祝うためホテル予約

   翌日15日朝、トランプ支持者が多く宿泊しているホテルに立ち寄った。

   その前で、一緒に来た友達としゃべっていた女性シーシー(60代、フロリダ州ココビーチ)が、「民主党は4年前の大統領選でも、不正をしたわ。アメリカは本来、愛国者の多い赤い国(共和党)なのよ。次期大統領は100%、トランプよ」と言い切る。

   2021年1月20日の「トランプ大統領就任」をここワシントンで祝うために、すでにホテルを予約した、という人たちに何人も出会った。

   「バイデンが大統領になったら、何のためにワシントンに来るつもり?」と聞くと、彼らの答えは同じだった。

「バイデンが大統領になるわけがない」
「もし、なったら?」
「それはありえないけれど、もしそうなったら、左翼からホワイトハウスを守るために、ワシントンにやってくる」
  

   そばにいた30代くらいの女性が、ホテルの周りを見回して、呆れたようにつぶやいた

「ここはどうして、街中に星条旗がほとんどないの。アメリカの首都なのよ。本来なら、星条旗が溢れているべきでしょう」

   次回の連載(2020年11月21日公開予定)では、リベラル系のメディアが「極右の自警団」と呼ぶ「Proud Boys(プラウド・ボーイズ)」と、ワシントンで私が行動をともにした夜について報告する。(随時掲載)

++ 岡田光世プロフィール
おかだ・みつよ 作家・エッセイスト
東京都出身。青山学院大卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。日本の大手新聞社のアメリカ現地紙記者を経て、日本と米国を行き来しながら、米国市民の日常と哀歓を描いている。米中西部で暮らした経験もある。文春文庫のエッセイ「ニューヨークの魔法」シリーズは2007年の第1弾から累計40万部。2019年5月9日刊行のシリーズ第9弾「ニューヨークの魔法は終わらない」で、シリーズが完結。著書はほかに「アメリカの家族」「ニューヨーク日本人教育事情」(ともに岩波新書)などがある。

 
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中