2021年 1月 22日 (金)

年末ガキ使「情報ダダ洩れ」の意味は!? 次第に見えてくる「打倒紅白」の野望

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   もはや今年も放送されることが既成事実化している「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の「笑ってはいけないシリーズ」について、「ダメ押し報道」が飛び出した。

   2020年11月26日、「東京スポーツ」は、大晦日に放送される同番組について、「今年はGoToベガスだ」と、テーマがラスベガスであると断定調で報道。出演者のダウンタウン、月亭方正さん、ココリコの5人が巨大セットの中、笑いを取るべく奮闘すると伝えている。記事に対しては「やった!今年も観れる」といった番組の放送を喜ぶツイートが続々と上がっているが、その一方で「半分ぐらい渡部の報道でバラされてるの可哀想だろ」といった声も上がっている。

  • 「ワイドナショー」で「笑ってはいけないシリーズ」に言及した松本人志さん(2016年撮影)
    「ワイドナショー」で「笑ってはいけないシリーズ」に言及した松本人志さん(2016年撮影)
  • 「ワイドナショー」で「笑ってはいけないシリーズ」に言及した松本人志さん(2016年撮影)

次々と飛び出していた、「番組がある」との報道

   というのも、大晦日に放送されると目される今年の「笑ってはいけないシリーズ」については、いまだ制作発表が行われていない一方で、番組の内容についての事前報道が続々と行われる事態となっているのだ。先陣を切ったのは17日に発売された「週刊女性」(12月1・8日合併号)で、番組に「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)が出演する、及び、その撮影日は18日であると報道。また、3日後の20日には「スポーツニッポン」が、渡部さんについて「年末特番で電撃復帰することが19日、分かった」とする記事を掲載したのだ。

   また、これを受ける形で、11月22日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)では、同番組でパネリストを務める「ダウンタウン」の松本人志さん(57)が「(報道を)無視するのもあれだし......」「『今年(も笑ってはいけないシリーズが)ある』って言ってしまってるようなもんやけど」としつつ、番組が放送されることを実質的に認めた。

   さらに、24日発売の「FLASH」(12月8日号)が、恒例のバスのシーンに使われたとするバスの写真を掲載。当初ではバスのシーンは新型コロナウイルスの感染対策が難しいため見送られるとの見方もあったが、無事、例年通り、松本さんらが車内でロケを行ったと報じたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中