2021年 5月 7日 (金)

「バズり」に愛された人、その魔力に踊らされた人 SNS狂騒曲2020【歳末ネットメディア時評】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年の年末企画として、「歳末ネットメディア時評」と題して、インターネットで話題になった出来事を振り返ってみたい。初回のテーマは「バズり」。SNSでの拡散をあらわす「バズ」だが、ここ1年でどんなことが起きたのだろうか。

  • SNSに踊った2020年
    SNSに踊った2020年
  • SNSに踊った2020年

星野源は「バズりの申し子」

   今年を代表する「バズり」のひとつに、ミュージシャン星野源さんの「うちで踊ろう」がある。ステイホーム期間中を楽しく過ごそうとする、前向きなコンセプトに「コラボ動画」も多数投稿されたが、その背景には「恋ダンス」での教訓があった。

   2016年、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)のエンディングテーマに、星野さんの「恋」が起用された。星野さんや新垣結衣さんらによるダンスが話題となり、ウェブ上にもファンによる「踊ってみた」が多数投稿される。ただ、YouTube投稿の容認は、あくまで期間限定の対応だったため、翌年9月にはレコード会社からの非公開・削除要請が行われ、多くの投稿者がそれに従った

   「うちで踊ろう」のブームを受けて、星野さんは「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、当時の対応を「その時はそうするしかなかった」と振り返った。しかし、自分の音源でダンスしてもらえるのはうれしい、との思いから、レコード会社との交渉を進め、現在は制限がなくなっていると報告している。

「ぼくの音源、好きに使えますんで。ぜひ、もちろん『恋』もそうだし、他の曲もそうだし、だからYouTubeでも、ぼくの曲をしっかりかけてくれると、ちゃんと、ぼくにお金が入るようになりました」(20年4月28日放送分より)

   こうした経緯を踏まえて、「うちで踊ろう」のムーブメントを見てみると、星野さんはバズるべくしてバズった、まさに「バズりの申し子」に思える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中