2021年 3月 1日 (月)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「メリー・クリスマス」は禁句になったのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「メリー・クリスマス」の言葉が、米国の街から少しずつ消えつつある。「トランプ大統領のおかげで、私たちは再び『メリー・クリスマス』と言えるようになった」。こう主張するトランプ支持者らの声もあるが、本当なのか。

   私がいるニューヨークの街では宗教上の多様性を意識した「ハッピー・ホリデーズ」の挨拶を耳にするほうがずっと多くなり、地方の小さな町でも浸透し始めている。

  • 毎年恒例のニューヨーク・ロックフェラーセンターに置かれた巨大クリスマスツリー(2020年12月、筆者撮影)
    毎年恒例のニューヨーク・ロックフェラーセンターに置かれた巨大クリスマスツリー(2020年12月、筆者撮影)
  • 毎年恒例のニューヨーク・ロックフェラーセンターに置かれた巨大クリスマスツリー(2020年12月、筆者撮影)

「ハッピー・ホリデーズ」が一般的なNY

   2020年12月24日のランチにニューヨーク市内でピザを買うと、別れ際に店員から「ハッピー・ホリデーズ」と声をかけられ、私もそう言い返した。

   この季節に以前はごく普通に使われていた「メリー・クリスマス」という挨拶をあまり耳にしなくなった。ニューヨークのように多様性のある街では、キリスト教徒だけでなく、ユダヤ教徒やイスラム教徒、ヒンズー教徒、仏教徒、無神論者なども共存しており、包括的で宗教色の薄い「ハッピー・ホリデーズ」という表現が一般的になりつつある。

   左派の一部は、「『メリー・クリスマス』は、他の宗教への配慮のない排他的な挨拶だ」とし、「ハッピー・ホリデーズ」と言うべきだと主張してきた。公共の施設や一般の店舗などからは、宗教色の強いクリスマスの飾りつけが姿を消しつつある。

   ニューヨークで「メリー・クリスマス」が躊躇なく飛び交うのは、キリスト教の教会やクリスマス・パーティ、あるいは有名なロックフェラーセンターの点灯式やクリスマスのイブや当日くらいかもしれない。

   こちらが「メリー・クリスマス」と挨拶し、相手から「ハッピー・ホリデーズ」と返ってくると、「いかにも自分が相手への配慮に欠けているかのように受け取られ、気まずい思いをする」という声も聞く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中