2021年 1月 20日 (水)

コロナ禍で宅配増、配達員への影響は... ツイッターでの「悲鳴」に反響

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   宅配の指定時間を守らなかったとして、客からお金を投げつけられたなどとするツイッター上の投稿が、反響を呼んでいる。

   コロナ禍で在宅時間が長くなりネット注文が増えているが、配達員の負担も大きくなってきているのだろうか。

  • 配達員の負担が増えている?(写真はイメージ)
    配達員の負担が増えている?(写真はイメージ)
  • 配達員の負担が増えている?(写真はイメージ)

コロナ禍でネット注文が増え、配達員にしわ寄せが?

   ネット注文増加で荷物が多すぎて、指定時間を守れないことが多く、毎日のように客から怒られる――配達員の家族を名乗るあるユーザーは2020年12月25日、ツイッターでこんな苦境を明かした。

   外出の自粛でイライラしているのか、客からお金を投げつけられることもあるという。帰宅が深夜11時を過ぎるような毎日で、家族そろってクリスマスケーキも食べられないと嘆いた。

   これらのツイートはその後非公開になったが、大きな反響を集め、様々な意見が寄せられている。

   「客は高いお金を払って配達をお願いしているんだから、指定日時に届けてもらわないと困る」といった異論も出たが、配達員へのエールの方が多い。「この時期はどうにもなりませんよね」「お客様は神様ではない!」「本当に自分のことしか考えない人が増えたもんだ... 感謝の気持ちがないのかね」などの声が寄せられている。

   宅配便は、年々利用が増えており、国交省の統計によると、その取り扱いは、2019年度まで5年連続で過去最多を更新した。20年度は、コロナ禍でネット注文が増え、9月までの前期は、ヤマト運輸で前年同期と比べて取り扱いが13%増え、日本郵便のゆうパックも21%増となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中