2021年 5月 8日 (土)

「猫役はぬいぐるみ」なのに涙が... 実写「おじさまと猫」に熱い反応

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の草刈正雄さんが主演を務めるドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系)が2021年1月6日に放送された。原作は同名の漫画で、ペットショップで売れ残っていた1匹の成猫「ふくまる」と、その猫に一目惚れし迎え入れたおじさま・神田冬樹の温かな日常の物語だ。

   第1話では、神田とふくまるのペットショップでの出会いが丁寧に描かれた。

  • (C)「おじさまと猫」製作委員会
    (C)「おじさまと猫」製作委員会
  • ふくまる(C)「おじさまと猫」製作委員会
    ふくまる(C)「おじさまと猫」製作委員会
  • 主人公・神田(草刈正雄)の愛猫・ふくまるの声は神木隆之介さん(C)「おじさまと猫」製作委員会
    主人公・神田(草刈正雄)の愛猫・ふくまるの声は神木隆之介さん(C)「おじさまと猫」製作委員会
  • (C)「おじさまと猫」製作委員会
  • ふくまる(C)「おじさまと猫」製作委員会
  • 主人公・神田(草刈正雄)の愛猫・ふくまるの声は神木隆之介さん(C)「おじさまと猫」製作委員会

「おじさま」と「ふくまる」の背景を深堀り

   原作は1話4ページのショートストーリーが中心だが、ドラマは約30分にわたる。そのためドラマでは、原作の冒頭と比べて神田やふくまるの背景が深堀りされている。中でもペットショップ店員の会話が、ふくまるの悲壮感を漂わせる。

   売れ残るふくまるを見て、店員たちは「もうすぐですよね」と不安を漏らす。成猫のふくまるは、もうすぐどこかに連れていかれてしまうという。他の猫から「誰もいない暗くて寒くてジメジメしたところ」に連れていかれてしまうのではないかと聞いたふくまるは、「そんなところ行きたくないにゃ」とうつむく。こうした描写に視聴者の中には、

「ペットショップだと売れ残ってしまった子たちが悲しい道をたどるんだもんなぁ・・・」
「もうペットショップのとこだけで涙がとまらなくなるわ」

と悲しむ声も寄せられた。

   しかし幸運にもふくまるは、草刈正雄さん演じるおじさま・神田に惚れこまれる。

「うちの子におなり」

    ふくまるは、店員も見たことがないくらいに安心しきった表情をした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中