2021年 1月 25日 (月)

迷惑系YouTuber、進むオワコン化 へずまりゅうも「引退」...専門家「食えないジャンルになっている」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「迷惑系YouTuber」のへずまりゅうさん(29)が引退を宣言したと、ネット上で話題になっている。

   2021年1月12日、へずまさんと親交のあるYouTuber・コレコレ氏が、自身のアカウント「コレコレチャンネル」で、へずまさんから送られてきたという文字メッセージを紹介。そこには、

「SNSの世界から、へずまりゅうは抹消しました。今後は原田将大として真面目に生きていくので更生の邪魔をしないでください。私は社会の為に頑張ります」

との決意が書かれていたのだ。

  • 花火のように、その寿命は短かった!?(写真はイメージ)
    花火のように、その寿命は短かった!?(写真はイメージ)
  • 花火のように、その寿命は短かった!?(写真はイメージ)

迷惑系YouTuberの「転身」が加速?

   へずまさんは以前から自身の迷惑行為を撮影した動画でアクセス数を稼ぐ「迷惑系YouTuber」として活動していたが、20年5月にスーパーマーケットで会計前の刺身を食べたとして7月に窃盗容疑で逮捕されたほか、10月にはアパレル店の商品が偽ブランドだと難癖を付けて業務を妨害した疑いでまたしても逮捕されるなど、その「お騒がせぶり」が話題を呼んできた人物だ。

   へずまさんがこのままSNSを引退するか否かは本人にしか分からないことだが、仮に、本当に引退した場合、似たようなスタンスで活動する他の迷惑系YouTuberにも多大な影響を与えるのではないか。へずまさんの引退がどのような影響をもたらすかについて、ITジャーナリストの井上トシユキ氏に意見を聞いた。

「今回のへずまさんの引退によって、他の迷惑系YouTuberの『転身』が加速すると思います。

   迷惑系YouTuberというのは、往々にして『他にやりたいことがあるが、まずは名前を売ろう』という動機を持っている方であり、昨今の迷惑系ブームによって、これらの人々が、とりあえずの『戦果』を上げた状況の中、その代表格の引退宣言は、他の迷惑系の人々が転身を思い立つきっかけになると思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中