2021年 2月 28日 (日)

プラトン、ニュートン、ヒノノニトン... YouTubeの6秒広告に込められた「バズりの法則」【#令和のヒット】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「プラトン ニュートン ヒノノニトン トントントントン ヒノノニトン」

   その間わずか6秒のYouTube広告が、ツイッターで話題を呼んでいる。広告主は「トントントントン ヒノノニトン」のCMでお馴染みの日野自動車。古代ギリシアの哲学者・プラトンと、イギリスの物理学者・ニュートンを活用した「偉人篇」だ。

  • 日野デュトロ(ヒノノニトン)の6秒広告「偉人篇」が話題(日野自動車YouTubeチャンネルより)
    日野デュトロ(ヒノノニトン)の6秒広告「偉人篇」が話題(日野自動車YouTubeチャンネルより)
  • ニュートン(日野自動車YouTubeチャンネルより)
    ニュートン(日野自動車YouTubeチャンネルより)
  • ヒノノニトン(日野自動車YouTubeチャンネルより)
    ヒノノニトン(日野自動車YouTubeチャンネルより)
  • 日野デュトロ(ヒノノニトン)の6秒広告「偉人篇」が話題(日野自動車YouTubeチャンネルより)
  • ニュートン(日野自動車YouTubeチャンネルより)
  • ヒノノニトン(日野自動車YouTubeチャンネルより)

「ニトンさんもキメ顔して見える」

   日野自動車は2020年12月1日、「偉人篇」含め8本の6秒動画広告(バンパー広告)をYouTubeで配信し、公式チャンネルにもアップ。あるユーザーがスクリーンショットを22日に投稿したことがきっかけで話題となった。

   動画ではナレーターが「トントントントン ヒノノニトン」と同じリズムで「プラトン ニュートン ヒノノニトン」とリズミカルに口ずさむ。シンプルで落ち着いた演出となっているだけに、どことなくシュールさが際立っている。

   ツイッターではこの動画に対し、

「フハハハハハーって漫画みたいな笑い声出たwwwww」
「一発のインパクトが凄いですね()」
「『ラーメン つけ麺 僕イケメン』のようなテンポの良さを感じますw」
「二トンさんも何気にキメ顔して見える」

といった声が寄せられている。

好評を博した「偉人篇」(日野自動車YouTubeチャンネルより)
好評を博した「偉人篇」(日野自動車YouTubeチャンネルより)

   この動画はどのようにして生まれたのか。J-CASTニュースは21年1月8日、日野自動車の広報担当者を取材した。

   担当者によれば、日野自動車がバンパー広告を出すのは今回が初めて。マスメディアに代わる媒体として出稿したという。今後はこの効果を検証したうえで、費用対効果の良い媒体を選び出稿計画を立てる考えだ。

   「偉人篇」を制作したのは日野自動車を担当する博報堂のクリエイティブチーム。このような構成にした理由を聞くと、

「『ヒノノニトン』を印象に残していくために、ヒノノニトンそのものを連呼するのではなく、『トン』のつく別の名称とヒノノニトンを並べてリズムカルに訴求する構成を考えつきました」(日野自動車・広報担当)

とのこと。その中でもプラトンとニュートンを選んだのは、「みんなが知っている人名」を探っていた際に、すぐに浮かんできたからだといいい「逆に、それ以外の人名はそこまで有名でないため排除しました」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中