2021年 6月 17日 (木)

蓮舫氏の得意スタイルだけど... 国会議員の「糾弾型」質問、正直どう思う?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルス対策をめぐる2021年1月27日の参院予算委員会でのやり取りで、菅義偉首相が立憲民主党の蓮舫代表代行の追及に対して思わず「少々失礼じゃないでしょうか」と口にする場面があった。

   蓮舫氏は糾弾型の質問を得意としており、この日も菅氏に対して「そんなメッセージだから、国民に危機感が伝わらないんですよ!」と声を張り上げた直後の出来事だった。

  • 参院予算委で質問に立つ立憲民主党の蓮舫代表代行(写真は参院インターネット中継から)
    参院予算委で質問に立つ立憲民主党の蓮舫代表代行(写真は参院インターネット中継から)
  • 参院予算委で質問に立つ立憲民主党の蓮舫代表代行(写真は参院インターネット中継から)

「そんな答弁だから、言葉が伝わらないんですよ!」

   蓮舫氏は約1時間20分にわたって質問に立った。菅氏の異例の反応のきっかけになったのは、開始から約35分が経過した頃のやり取りだ。田村憲久厚労相が、自宅療養中や宿泊療養中に死亡した人が20年12月1日から21年1月25日にかけて29人いたことを答弁したことを受ける形で、蓮舫氏は

「この29人のね、命。どれだけ無念だったでしょうかね、総理、その重み分かりますか?」

と菅氏に発言を求めた。

   菅氏が「えー、そこはあの、大変申し訳ない...思いであります」と答弁すると、蓮舫氏は「もう少し言葉ありませんか?」。菅氏は「心から申し上げましたように、大変申し訳ない思いであります」と繰り返した。この答弁姿勢を、蓮舫氏は語気を強めて非難した。

「そんな答弁だから、言葉が伝わらないんですよ!そんなメッセージだから、国民に危機感が伝わらないんですよ!あなたには総理としての、自覚や責任感、それを言葉で伝えようとする、そういう思いはあるんですか?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中