2021年 2月 26日 (金)

効率追い求めた生産スタイルが仇に 半導体不足で自動車メーカーが打撃を受ける理由

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   半導体の不足が世界的に深刻になっている。新型コロナウイルスの感染拡大のよる製品の需給の変動と、米国の対中国制裁が絡み合って起きているのだ。

   様々な製品の部品として不可欠な半導体だが、とくに深刻な影響を受けているのが自動車産業だ。

  • 自動車メーカーが半導体の奪い合い(画像はイメージ)
    自動車メーカーが半導体の奪い合い(画像はイメージ)
  • 自動車メーカーが半導体の奪い合い(画像はイメージ)

「世界で150万台減産」の見通しも

   トヨタ自動車は中国・広東省の工場で生産ラインを一時止め、米国テキサス工場でもピックアップトラック「タンドラ」の生産を減らす。

   ホンダは2021年1月に小型車「フィット」などを国内で約4000台減、米国とカナダの工場でもセダン「アコード」など5車種を減産する方針。日産自動車も小型車「ノート」の生産を1月に数千台減らし、1~3月の減産規模は1万台を超えるかもしれないという。

   スバル(SUBARU)は群馬製作所(群馬県太田市)、米インディアナ州の工場で「インプレッサ」などの減産に入り、3月までに計5万台減の減産規模になる可能性があるという。

   海外では独フォルクスワーゲン(VW)が20年12月、欧州や中国などで減産すると発表しているほか、米フォードもケンタッキー州の工場でSUV「エスケープ」と「リンカーン・コルセア」の生産を停止した。

   21年1月16日にフランス大手グループPSAと合併手続きを完了したフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)もカナダとメキシコでのSUV生産を一時停止するなど、軒並み生産調整に取り組んでいる。

   三菱UFJモルガン・スタンレー証券によると、1~6月の減産規模は世界で150万台前後、そのうち日系メーカーは50万台前後にのぼる見通しだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中