2021年 9月 26日 (日)

「感染者ゼロ」のはずなのに... それでも北朝鮮が「ワクチン情報」欲しがる理由

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの「感染者ゼロ」を主張する北朝鮮でも、そのワクチンには重大な関心を示しているようだ。韓国の情報機関にあたる国家情報院(国情院)は、北朝鮮がサイバー攻撃で米ファイザー社製のワクチンや、治療薬の情報を盗み取ろうとしていたとみている。

   ワクチンは国際機関を通じて北朝鮮にも供給される見通しだ。ただ、その供給量は全国民に接種するには全く足らないのが実情だ。

  • 「光明星節記念公演」を観覧する金正恩総書記と李雪主夫人。配信された写真では誰もマスクをつけておらず、客席も「密」な状態だ(写真は労働新聞から)
    「光明星節記念公演」を観覧する金正恩総書記と李雪主夫人。配信された写真では誰もマスクをつけておらず、客席も「密」な状態だ(写真は労働新聞から)
  • 「光明星節記念公演」を観覧する金正恩総書記と李雪主夫人。配信された写真では誰もマスクをつけておらず、客席も「密」な状態だ(写真は労働新聞から)

サイバー攻撃1日158万回、前年比32%増

   韓国メディアによると、国情院は2021年2月16日に国会に対して行った報告で、20年に北朝鮮が韓国に対して仕掛けたサイバー攻撃の回数は1日あたり158万回で、19年より32%増えたことを明らかにした。国情院から説明を受けた与党「共に民主党」の金炳基(キム・ビョンギ)議員と最大野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員が報道陣に対して明らかにした。新型コロナクチンや治療薬の技術情報を奪おうと、米ファイザー社も攻撃の対象になったという。国情院は、サイバー攻撃の大半は「先制して阻止した」と説明したという。

   聯合ニュースによると、河議員は同社の取材に対して「数ヶ月前、国情院から北朝鮮がワクチンメーカーのハッキングに成功したとの報告を受けている」として、今回の国情院の説明と合わせて考えると「ファイザーのハッキングに成功したと判断される」と話した。一方、金議員は「ファイザーがハッキングを受けたのは、欧州医薬品庁(EMA)がすでに明らかにした内容であり、その主体は確認されていない」と説明した。ファイザーと独バイオ企業のビオンテックは20年12月、EMAに提出した新型コロナウイルス関連書類がサイバー攻撃で不正にアクセスされた、と発表していた。

   これらの話を総合すると、北朝鮮がワクチン情報の入手に成功したかは明らかではないが、入手のためにサイバー攻撃を仕掛けたと国情院はみている、という点までは間違いないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中