2021年 7月 30日 (金)

渡部建はもう許されたのか 4か月前とは明らかに違う、「復帰報道」への世間の反応

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)について「週刊現代」(2021年3月13日号)が報じた内容がネット上でも話題だ。

   記事では、渡部さんについて「復帰の見通しが立ってきた」と記載。関係者の話として、具体的な復帰時期や番組名にも言及していた。渡部さんをめぐっては、2020年末に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」での復帰計画が報じられ、世間で強い批判を受けた経緯がある。

   今回の復帰報道も、「ガキ使」の際と同様に、これまた相当な反発が予想されるかと思いきや......意外に、そんなことはないのである!

  • 渡部建さん(2020年撮影)
    渡部建さん(2020年撮影)
  • 渡部建さん(2020年撮影)

明らかに変わった渡部さんへの世論

   週刊現代の記事では、関係者の話として、「日テレが、GWに放送予定の『行列のできる法律相談所~謝罪3時間SP~』(仮題)に渡部を出演させようとしているのです」と、渡部さんの復帰に向けての準備が進んでいるとしつつ、その復帰を予想している。

   渡部さんをめぐっては、2020年の大みそか特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」で復帰するとの情報が事前に報じられ、世論が硬化。その後、渡部さんが12月3日に謝罪会見を開くも世論はこれを良しとせず、渡部さんのシーンは全てカットされ、復帰が白紙になったという経緯があったことは記憶に新しい。

   そんな渡部さんについて報じられた、新たにテレビ出演の予定について、「週刊現代」記事が配信されている「ヤフーニュース」のコメント欄を見ると、

「何のために・・スポンサーも嫌でしょうし」
「日テレ なんで渡部を復活させる? メリットねーよ」

といった、渡部さんへの批判は確かに散見されるものの、どちらかといえばニュートラルな感情で行われているコメントも目立つ。一時期あったような「渡部憎し」と言わんばかりにののしり文句ばかりの状況とは、明らかに違うと言わざるを得ない。

   また、ツイッター上の変化も顕著だ。同記事を引用しつつ行われているツイートを見ると、

「奥さんが許してるんだから、もういいだろ」
「別に直接利害関係も生じてないならいつまでもアンジャッシュ渡部のこと叩くこともないやんな」

といった、やはり、渡部さんの復帰情報に対して実にフラットな感情を交えつつ行われているツイートが多いことに気付くわけであり、やはり、ツイッター上も大きな変化を見せていると言えるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中