2022年 10月 2日 (日)

仙台名物「ひょうたん揚げ」専門店、JR仙台駅から撤退へ コロナ禍で「食べ歩き」難しく

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   蒲鉾を揚げた仙台名物「ひょうたん揚げ」が仙台駅で食べられなくなるーー。

   「笹かまぼこ」の製造などで知られる阿部蒲鉾店(宮城県仙台市)は、JR仙台駅構内にあるひょうたん揚げ専門店「阿部かま ひょうたん揚げ店」を2021年3月31日で閉店すると発表した。ツイッター上では「なんてこったい」「ショックすぎる」と惜しむ声が広がっている。

  • 仙台名物「ひょうたん揚げ」、仙台駅の専門店が閉店へ(阿部蒲鉾店ニュースリリースより)
    仙台名物「ひょうたん揚げ」、仙台駅の専門店が閉店へ(阿部蒲鉾店ニュースリリースより)
  • 仙台名物「ひょうたん揚げ」、仙台駅の専門店が閉店へ(阿部蒲鉾店ニュースリリースより)

「仙台に行く時の楽しみだったのに」

   「ひょうたん揚げ」は蒸した蒲鉾を、甘い味付けの衣で包んで揚げた「アメリカンドック」風のスナック。球状の蒲鉾が2つ串刺しになっており、「ひょうたん」のように見えるのが特徴だ。「笹かまぼこ」を名付けたことでも知られる阿部蒲鉾店が1985年に開発し、以降は仙台市中心部にある阿部蒲鉾店本店などで販売。本店では「多いときでは一日4000本以上も売れるほどの人気ぶり」(阿部蒲鉾店公式サイトより)で、長年にわたり仙台名物として愛されてきた。

   仙台駅に「ひょうたん揚げ」専門店ができたのは16年3月。これまで仙台駅利用者が「ひょうたん揚げ」を買うには、最寄りの阿部蒲鉾店本店まで10分程度歩く必要があったが、駅構内に店ができたことで、東北新幹線の乗客などが気軽に「ひょうたん揚げ」を買いやすくなっていた。

   しかし、阿部蒲鉾店は3月17日に公式サイトなどを通じ、21年3月末に仙台駅内の店舗を閉店すると発表。ツイッター上では「なんてこったい」「ショックすぎる」「新幹線乗る直前に買い込んでたのですが...」「仙台に行く時の楽しみだったのに」と惜しむ声が広がった。阿部蒲鉾店の公式ツイッターは「大変申し訳なく、苦渋の決断でございました」と語っている。

好調な「通販」に注力へ

   J-CASTニュースが3月18日、阿部蒲鉾店の広報担当者に取材すると、閉店の主な理由は「テナント契約期間の満了」。ただ、新型コロナウイルスの影響で「3密防止」を求められる中、ひょうたん揚げの「食べ歩き」が難しくなったこと、好調なひょうたん揚げの通販に注力することなども要因だとした。

   阿部蒲鉾店の担当者は「本店、楽天生命パーク宮城店、東北自動車道SAの委託販売店2店、通販では引き続き『ひょうたん揚げ』をご購入いただけます」としている。

   (3月18日18時35分追記)見出しの一部に誤りがあったため、修正しました。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中