2021年 4月 23日 (金)

「うっせぇわ」はミュージカルと相性抜群? 出演女優「替え歌カバー」に反響相次ぐ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ネット発のヒット曲「うっせぇわ」が、ミュージカル界隈でもじわじわとブレークしている。

   俳優がミュージカルの登場人物に扮して「替え歌」でカバーした動画が再生数を増やしている。圧の強い歌詞とロックなサウンドは、実はミュージカルとの相性も良いようだ。

  • 原曲もまるでミュージカルのよう?(「うっせえわ」YouTube動画より)
    原曲もまるでミュージカルのよう?(「うっせえわ」YouTube動画より)
  • 原曲もまるでミュージカルのよう?(「うっせえわ」YouTube動画より)

エリザベートが「うっせぇわ」を歌う?

   「うっせぇわ」の原曲はボカロPのsyudouさんが作曲し、Adoさんが歌唱して2020年10月23日にリリースされた。この曲を替え歌でカバーしたのが、ミュージカルで活躍する俳優の可知寛子さんだ。

   21年2月3日、自身のYouTubeに「エリザベートの気持ちになって『うっせぇわ / Ado」歌ってみた』」というタイトルの動画をアップ。ミュージカル「エリザベート」の主人公・オーストリア帝国皇后エリザべートに扮し、うっせぇわの替え歌を披露している。

   歌の主人公が劇中のエリザベートになっているほか、ストーリーや劇中の小ネタがしっかり反映されており、本作のファンならクスリとしてしまう替え歌が好評。可知さんの表現力もあって話題となった。

   なお可知さん本人も東宝版「エリザベート」に出演経験がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中