2021年 9月 19日 (日)

「ガチ王」ザブングル松尾、アメトーークは引退できない?! 感動スピーチからの衝撃展開に「いいオチだった」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2021年3月末をもって芸能界を引退したお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介さんが4月1日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、芸人として最後のテレビ出演を終えた。

  • ザブングルの松尾陽介さん(写真:つのだよしお/アフロ)
    ザブングルの松尾陽介さん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • ザブングルの松尾陽介さん(写真:つのだよしお/アフロ)

名作のプレイバックに「新作記録会」も

   松尾さんは、同番組の人気企画「運動神経悪い芸人」の中でもトップクラスの運動神経の悪さを見せていることから長年にわたり「ガチ王」として親しまれてきた。水泳では「水神さま」の異名もある。

   「さよならガチ王」と題された1日の放送では、おなじみの青いジャージに身を包んだ松尾さんがスタジオに登場。青いジャージ姿のお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄さん、「東京03」豊本明長さん、「フットボールアワー」後藤輝基さん、「ナイツ」塙宣之さん、「麒麟」川島明さん、「フルーツポンチ」村上健志さん、「笑い飯」西田幸治さんら「運動神経悪い芸人」の仲間たち7人が23年の芸能生活に幕を降ろす松尾さんの最後のテレビ出演に花を添えた。

   GReeeeNの「キセキ」をバックにスタジオ入りした松尾さんは「45歳になる自身の年齢を考えた時、辞めるというのもひとつの選択肢だと思った」と語った。実は前回の出演の時点で最後だと決めていたと語り、スタジオからざわめきが起きた。

   番組では「ガチ王プレイバック!!」として、名場面を振り返った。「テニス」ではボールを顔面で受け、「バスケットボール」ではドリブルが顔面にヒットするなど流石の「ガチ王」ぶりを見せつけた松尾さんに、スタジオからは、「引退はもったいない」との声があがっていた。

   さらに、「新作記録会」として100メートル走・走り高跳び・遠投の3種目で走り高跳びに挑戦。走り高跳びでは失敗を繰り返しながらも100センチメートルをクリアし、「気持ちよく卒業できますよ、これで」と語っていた松尾さんだが、遠投ではバネ仕掛けの人形のようないつもの「ガチ王」の姿を見せていた。

   最後は松尾さんが唯一得意な種目だという「ダンス」で、新作としてNiziUの「Make you happy」を披露した。途中まで笑顔で踊っていた松尾さんだが、終盤にかけ痛恨のミス。「最後だからやり直させて欲しい」とする松尾さんに対しスタジオからは文句が飛ぶひと幕もあったが、4テイクののち完璧に踊りきった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中