2021年 11月 29日 (月)

ファッション誌Rayが「パパ活」推奨?記事公開→削除 編集部が謝罪...掲載めぐる詳しい経緯を聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   女子大生向けファッション誌「Ray」の公式ウェブサイト「Ray web」上で2021年4月22日に公開された「パパ活」をめぐる記事について、同誌を発行するDonuts(本社・東京都渋谷区)は5月10日、J-CASTニュースのメール取材に応じ、「不快な思いをされた読者」に対し「深く心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

   『【パパ活】顔合わせのポイントとは?安全に稼げる女子の服装・会話術を紹介(ハートマーク)』のタイトルで公開された当該記事は、食事やデートの対価として男性から金銭を受け取る「パパ活」を推奨するかのような内容だったとして、インターネット上では一部ユーザーの間で議論を呼んでいた。記事は4月28日までに削除されたが、当時Donutsは掲載や削除の理由について明かしていなかった。

  • Ray公式WEBサイトより
    Ray公式WEBサイトより
  • 現在は削除された当該記事
    現在は削除された当該記事
  • Ray公式WEBサイトより
  • 現在は削除された当該記事

「お手当」をもらう方法、金額をあげてもらうコツなど紹介

   「Ray」は1988年に創刊された歴史のあるファッション雑誌だ。20代前後の女性が読者層で、数多くのテレビタレントや女優が専属モデルを務めた。2021年3月まで主婦の友社が手掛けていたが、4月にDonutsが事業を譲り受けた。

   今回の記事内では、パパ活を「肉体関係は一切なく、食事やデートをしてお金をもらいます」と説明し、「パパ」(女性に金銭を渡す人)と初めて会う「顔合わせ」までの詳細、当日「お手当」(男性側から受け取る金銭)をもらう方法、金額をあげてもらうコツなどが紹介されていた。

   「肉体関係」を前提としないというパパ活だが、各メディアではより多くのお金を得るため、肉体関係に発展してしまうケースも一部あるとたびたび伝えられている。

   ツイッター上ではRayの記事をめぐって「これだめだろ......援助交際じゃん......」などといった投稿が多く上がっている。Rayの読者だったとみられるユーザーからは、同誌が今回の記事を掲載したことに対して、「私の知ってるRayじゃない」「Rayでこんな特集するとは...安全にパパ活出来るハウツー教えてどうする...」など、驚きとともに憤りや悲しみの投稿が見られた。

   J-CASTニュース編集部は、パパ活を扱った理由やパパ活への認識などをDonutsのRay編集部に尋ねた。

――今回「パパ活」記事を掲載した理由は?

「誤掲載です。社内の業務フロー上で人的ミスがあり、本来は掲載しない内容である本件の該当記事を誤って掲載してしまったものです。事業譲受後間もない新体制での業務にて、誌面の編集チームとWebの運用チームの連携で行き届かない業務フローがありました。
そのような中、特に今回の事象では、掲載を検討する記事案のチェック漏れと、掲載に際しての編集長承認が重ねて漏れてしまった状況です。
それにより、本来は掲載しないと判断すべき記事まで、社内の正式な承認プロセスを経ず、Ray Web運用担当者が誤掲載してしまったことが理由です」

――「パパ活」についてどのように考えていたのか?

「当社ならびにRay編集部としては、女性に対しても、男性に対しても、やみくもに推奨すべき行動ではないと考えております」
「男女の出会いなどには様々なきっかけがあると思いますが、『パパ活』には様々なリスクもはらんでいることとも推察しております。ライター並びにWeb担当者の記事作成は、『パパ活』を推奨することではなくその実態をレポートしたいとのものでした。
しかしながら、記事をご覧になられた皆様のお声を聞きまして、あたかも推奨している印象を与えてしまったことを大変心苦しく感じております」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中