2021年 6月 17日 (木)

白鵬「復帰」と照ノ富士「綱取り」が同場所に 角界関係者も望む「世代交代」は起きるのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大相撲の大関照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が夏場所で2場所連続4度目の優勝を飾った。

   夏場所で大関復帰を果たした照ノ富士は、12勝を挙げて連続優勝を決めた。夏場所は横綱不在の場所となったが、優勝決定戦ではライバル大関貴景勝(24)=常盤山=をはたき込みで破り横綱に王手をかけた。照ノ富士は7月の名古屋場所で綱取りに挑む。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

一時は序二段まで番付落とすも...

   名古屋場所で角界の最高位を目指す照ノ富士。横綱昇進の内規は「2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」とあり、連続優勝ならば文句なしで横綱昇進となる。スポーツ紙などの報道によると、24日に両国国技館で開かれた横綱審議員会(横審)では、照ノ富士の優勝に称賛の声が上がったという。

   照ノ富士のここ6場所を振り返ると、3度の幕内優勝を飾っている。幕内に復帰した2020年名古屋場所では13勝2敗で優勝し、21年春場所では関脇で優勝、夏場所は大関で優勝を果たした。両膝のケガと内臓疾患により大関から序二段まで番付を落とした苦労人が、ここにきて本来の力を取り戻しつつある。

   今年の春場所をもって横綱鶴竜が現役を引退し、一人横綱の白鵬(36)=宮城野=は5月場所を全休し6場所連続で休場中だ。「引退勧告」に次ぐ重さの「注意」が継続中の白鵬は7月場所に進退をかけて臨むことになるが、ここ最近は下半身の衰えから精彩を欠く相撲がみられるようになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中