2021年 6月 21日 (月)

枝野幸男氏「菅首相はワクチン頼み」発言が拡散 実際は何を語ったのか?ラジオを詳しく振り返る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   立憲民主党の枝野幸男代表(56)がツイッターで、自身が出演したラジオ番組での発言を取り上げた一部報道を受け、発言の背景を説明している。

   ツイッター上では「菅首相はワクチン頼み」という枝野氏の発言がひと際注目された。一方で、枝野氏自身はツイッターで「ワクチン接種の重要性を前提に述べた上での発言」だと説明。では実際のところ、ラジオではどのような発言をしていたのか。

  • 枝野幸男氏・2020年3月撮影
    枝野幸男氏・2020年3月撮影
  • 枝野幸男氏・2020年3月撮影

「お金をかけないとだめなんですよ」

   枝野氏はツイッターで2021年5月26日、「見出しが一部に誤解を与えていますが、本文中にもあるように、ワクチン接種の重要性を前提に述べた上での発言で、番組では『ワクチンどんどんやることはものすごく大切なこと』と言っています」と投稿した。同日のラジオ日本「岩瀬恵子のスマートNEWS」での発言を取り上げた日本経済新聞の同日付記事「立民・枝野氏『首相はワクチン頼み』 コロナ対策批判」をシェアしている。

   枝野氏は同番組に、前後半で合計約30分間ゲスト出演した。実際にはどのような発言があったのか追ってみる。

   冒頭では、3度目の緊急事態宣言が発令される中、枝野氏は「2回目を早く解除しすぎたんですよ」としてこう話している。

「早く解除すればすぐリバウンドすると、専門家の話を聞かなくても素人でも分かる。たくさん感染者がまだいるということは、症状が出ていない人たちもそれだけ潜在的にたくさんいる。その人たちが活発に動き出した瞬間に広がるのは当たり前のこと。今とにかく東京で1日悪くても(新規感染者数を)100人、できれば50人くらいの水準まで下げないと、すぐにリバウンドする。そこまでは我慢しないと。そこから先ちゃんとやれば、リバウンドは抑え込んで4度目(の緊急事態宣言)はなしで済むと思います」

   岩瀬アナは、緊急事態宣言が6月20日までの延長で調整されているという報道を紹介。枝野氏は、宣言解除の見通しについて次のように指摘した。

「そこでどこまで減っているかですけど、たぶん100人を切るのは難しいと思います。するとまたすぐにリバウンドですよ。1か月半くらいでまた医療ひっ迫で大変だ、みたいな話に残念ながらなってしまいます。むしろ変異株は感染力が強いと言われているからもっと早いかもしれない。だからとにかく徹底して抑え込んでからでないと(緊急事態宣言を解除しては)ダメだし、そこを我慢してくださいというには、お金をかけないとだめなんですよ」

   「ワクチン頼み」の発言が出たのはこの後。フリーアナウンサーの岩瀬恵子さん(57)が、緊急事態宣言が続く中での「自粛疲れ」に言及した時だ。枝野氏は飲食店や各種施設の営業方法に触れながら、こう話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中