2021年 6月 19日 (土)

上原浩治&ダルビッシュ有、日本メディアに苦言 澤村拓一の活躍スルーに「何をしているんだろう」

   元プロ野球選手の上原浩治氏とMLBサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手が2021年5月30日、日本のメディアにおけるボストン・レッドソックスの澤村拓一投手の扱いにツイッターで苦言を呈した。

  • 上原浩治氏(2019年撮影)
    上原浩治氏(2019年撮影)
  • 上原浩治氏(2019年撮影)

上原氏「おつかれさん ニュース出るかなぁ あっ、ダメだ...」

   上原氏は30日午前10時すぎ、澤村投手の登板を受けツイッターを更新。

「レッドソックス...澤村選手 吠えてたね~ よく粘った!! おつかれさん ニュース出るかなぁ あっ、ダメだ... 大谷選手、ダルビッシュ選手が出てるから...」

   日本時間30日(現地29日)レッドソックス対マーリンズ戦に5番手として登板した澤村投手は、2アウト2・3塁のピンチを招くも持ち前の剛腕ピッチングで最後の打者を空振り三振に仕留めた。

   しかし、先発出場の多いダルビッシュ投手や投打二刀流で活躍する大谷翔平選手に比べ、中継ぎ投手の澤村投手は日本ではあまり大きく報道されていない。上原氏は、同じMLBで活躍する選手にもかかわらず、扱いの差が大きすぎるのではないかと疑問を呈した模様だ。

   澤村投手は2010年にプロ野球・巨人からドラフト1位で指名されると、先発として活躍。押さえに転向した後もセーブ王に輝いた。2020年には右肩の違和感をきっかけに3軍降格となり、千葉ロッテマリーンズへ移籍。ロッテでは持ち味の豪速球などを武器にセットアッパーとして復活を遂げた。同年オフにレッドソックスへ移籍した。

   巨人3軍からトレードを経てさらにはMLBでの活躍と、波乱の野球人生でひたむきなピッチングを続ける澤村投手の30日時点での防御率は2.75と、安定した成績だ。

   上原氏が名前を挙げた選手のひとり、ダルビッシュ投手は、上原氏のツイートを引用リツイートする形でこれに反応。メジャーで活躍するダルビッシュ投手から見ても、澤村投手の成績はニュースになるべきという旨を語っている。

「春先かなり寒いボストン、レベルの高いア東地区、ルーキー、タフなリリーバーであれだけ投げてるのに日本のメディアは一体何をしているんだろう」

   ファンからも、上原氏とダルビッシュ投手のツイートに同意する声が多くあがっている。

「リリーバーは日本の野球でも取り上げて貰えない・・・ピッチャーはあくまでも先発重視の報道ですよね・・・」
「どのメジャーリーガーも分け隔てなくやってほしいですよね~」
「かなり痺れる場面での登板で1アウトだけとはいえ役割を果たしたわけで、その通りだと思います」
「1年目ながらレッドソックスの一員として重要な役割を果たしているので凄いと思います。メディアは中継ぎの大変さとかも分からないからですかね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック