2021年 6月 13日 (日)

対ソフトバンク「708日ぶり勝利」を、原巨人が手放しで喜べない深刻な事情

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球の巨人は2021年5月30日、PayPayドームでソフトバンクと対戦し4-3で勝利した。

   巨人はこの日の勝利で2019年の交流戦から続く対ソフトバンク戦の連敗を14でストップ(オープン戦含む)。ようやく「負の流れ」を断ち切った巨人だが、専門家は同カード708日ぶりの勝利をどうみたか。J-CASTニュース編集部は、巨人で戦略コーチを務めた橋上秀樹氏(55)に分析してもらった。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

橋上氏「岡本の本塁打が大きなポイントに」

   巨人が2連敗で迎えた第3戦は、第1戦、第2戦目同様に巨人が初回に2点を先制して幕を開けた。

   2点リードの2回に巨人先発・戸郷翔征(21)がソフトバンク打線につかまり同点とされるも、5回に主砲・岡本和真(24)の一発が飛び出して逆転に成功。8回にはスモーク(34)がライトスタンドに叩き込み、これが決勝点となって勝利をものにした。

「この日は岡本選手のホームランが大きなポイントになったと思います。この3連戦は、巨人が先制してソフトバンクが追いつくところまでは一緒でした。1、2戦は巨人が追いつかれて五分になったところで追加点を許しソフトバンクに流れが行った。両チームが同点からの次の1点を重視していたところで岡本選手の一発が出た。巨人としては、この1本でいけるのではないかという雰囲気になったと思います」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中