2021年 6月 21日 (月)

乃木坂46新曲はYOASOBIと似ている? 「ごめんねFingers crossed」MVに見る共通点

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   乃木坂46の27thシングル「ごめんねFingers crossed」が2021年6月9日にリリースされた。表題曲はすでにメディアでOAされ、MVもYouTubeでの公開1か月あまりで再生回数410万回(11日現在)に達している。

   この曲がOAされた時、「YOASOBI感」という感想がリスナーの間から生まれた。音楽ユニット・YOASOBIのヒット曲、特に「夜を駆ける」とサウンドが似ているのではないか、というものだ。

   確かに両曲を聴いてみると楽譜すら読めない記者でも似ているように感じてしまうが、これは偶然だろうか。楽曲そしてリリースに合わせたプロモーションの意図を探ると、最新の音楽カルチャーを捉えにきている様子が見えてきた。

  • 「ごめんねFingers crossed」は何を狙ったか
    「ごめんねFingers crossed」は何を狙ったか
  • 「ごめんねFingers crossed」は何を狙ったか

似ているのはサウンドだけではない?

   「ごめんねFingers crossed」のMVは21年5月13日に公開された。リスナーに強い疾走感を与えるこの曲は、とりわけ歌い出し直後のピアノの打ち込み音が目立ち、カーレースが展開されるMVと相まってスタイリッシュな出来栄えだ。

   確かにピアノサウンドの使い方やテンポの速さは「夜を駆ける」とも通底する印象を受ける。作曲は杉山勝彦さんとAPAZZIさんの合作、編曲はAPAZZIさんであり、両人とも乃木坂46の楽曲を数多く制作してきた、グループとファンには信頼あついクリエイターである。

   しかし、乃木坂46側は単にメロディーを似せてきた、というわけではないようだ。アイドル楽曲に詳しく、その分析記事も執筆しているライターのガリバーさんは「表面的にはそう聴こえるかもしれませんが、運営側が狙ったのは楽曲構成だけでなくその背景にあるのではないかと思っています」と分析する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中