2021年 8月 3日 (火)

「ホントに素敵」「つらい!」「それぞれ最高」 ドラマ「大豆田とわ子」最終回でロスの声続々

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   俳優の松たか子さんが主演を務めるドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(関西テレビ・フジテレビ系)が、2021年6月15日の放送で最終回を迎えた。大人の恋や生き方をじっくり描いた作品の終わりに、視聴者からはロスの声が多くあがっている。

  • 関西テレビ「大豆田とわ子と三人の元夫」インスタグラム(@omamedatowako)より
    関西テレビ「大豆田とわ子と三人の元夫」インスタグラム(@omamedatowako)より
  • 関西テレビ「大豆田とわ子と三人の元夫」インスタグラム(@omamedatowako)より

元夫3人と穏やかな時間を過ごすとわ子

   脚本は、「東京ラブストーリー」(1991年)や「カルテット」(2017年)などで知られる坂元裕二さん。3回結婚して3回離婚したいわゆる「バツ3」にして建設会社「しろくまハウジング」の社長を務めるとわ子(松たか子さん)と、とにかく女性にモテるレストランのオーナー・田中八作(松田龍平さん)、器の小さいファッションカメラマン・佐藤鹿太郎(お笑いトリオ「東京03」角田晃広さん)、堅物エリート弁護士・中村慎森(岡田将生さん)の3人の元夫が繰り広げるロマンティックラブコメディーだ。

※以下、ネタバレを含みます。

   「好きになれる自分と一緒にいたいし、1人でも幸せになれると思うんだよね」とし、新たな恋人候補・小鳥遊(オダギリジョーさん)と別れを決意したとわ子。最終回では、元夫たちとの関係は相変わらずで、穏やかな日常を過ごしている。

   最終回終盤、とわ子の自宅に元夫たちが夜遅くに訪ねてくる。すでに疲労困憊のとわ子は、「帰って」と強く言うが、元夫たちはいつものことと言わんばかりに夜食を作り始め、ワインの栓を抜く。ハワイ帰りの慎森が土産に持ってきた揃いの英字新聞プリントシャツを着てはしゃいだり、元夫たちをピンに見立てたボウリングゲームが始まったりと、穏やかな時間が流れつつも、ついに眠気に負けてしまったとわ子。その寝顔を眺めながら、元夫たちは「まぁ、こんな感じでずっと続くわけじゃないでしょうし」とその刹那を語り合い、とわ子が目を覚ますと「あ、起きた」と微笑む。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中