2021年 8月 4日 (水)

西日本屈指のローカル線に暗雲... JR木次線「奥出雲おろち号」廃止がもたらす「厳しい現実」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   JR西日本が、木次(きすき)線(備後落合~宍道)を走る観光トロッコ列車「奥出雲おろち号」の廃止を発表した。

   20年超の歴史をもつ「奥出雲おろち号」。広島と島根を結ぶ木次線の目玉で、同線を系液滴にも支えてきた存在だった。今後、木次線の運命はどうなるのだろうか。

  • 奥出雲おろち号
    奥出雲おろち号
  • 奥出雲おろち号

老朽化により「奥出雲おろち号」は廃止

   JR西日本は2021年6月3日、出雲市・木次~備後落合間を走る観光列車「奥出雲おろち号」を2023年度で廃止することを発表した。「奥出雲おろち号」は木次線沿線自治体からの要請を受け、1998年4月に運行を開始した。

   トロッコ車両と窓付きの一般車両の計2両をディーゼル機関車が引っ張る。開放感のある車内から山陰の景色を堪能できることはもちろん、トンネル内では天井のイルミネーションが楽しめる。

   土日祝や行楽シーズンを中心に運行され、利用人数は年間約1万4000人にもなる。このように木次線の看板列車として活躍してきたが、車両の老朽化が廃止の主因である。

   なお「奥出雲おろち号」で使用される客車は先日、廃止が決まった「SL北びわこ号」と同じ12系客車だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中