2021年 9月 24日 (金)

「ウマ娘」ではどう描かれた? 宝塚記念「メジロ家」3連覇のウラにあった濃密ドラマ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

逃げを選んで宝塚でG1初勝利

   だが、ライアンは決して「ジリ脚」ではなかったと思う。3歳から天皇賞(春)までのレースにおける上がり3ハロンのタイムを見れば、多くのレースで出走馬中1位から悪くても3位までとトップクラスのキレを発揮していたのだ。ただ、それが前を捕まえるまで届かない。アイネスフウジンやオグリキャップ、そしてメジロマックイーンの先行力がそれだけ凄かったのだ。

   そして1991年の宝塚記念である。これまで後方から差しの競馬をしていたライアンだったが、このレースでは3歳時以来となる先行策を取る。4番手からコーナーごとに位置を上げ、4コーナーでは先頭に立つと、あとから追い上げてきたマックイーンを凌いで初のG1タイトルを手にした。

   キレはあるが前が強い。ならば前で勝負しよう。デビュー5年目の若手であった主戦騎手の横山典弘騎手の発想なのか、それもと厩舎の判断だったのかはわからないが、ずっと上がりで勝負していたライアンが10戦連続して継続していた、上がり3ハロン3位以上の記録が途絶えたレースで初のG1制覇を成し遂げたのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中