2021年 7月 31日 (土)

大谷翔平に「シングルヒットがネタになるって...」 本塁打量産しすぎて「単打」が話題の珍現象

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   八面六臂の活躍を続ける米大リーグ・ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。その大谷選手が日本時間2021年7月6日、本拠地でのボストン・レッドソックス戦5回に「シングルヒット」を放ったことに対し、インターネット上で妙な声が上がっているのをご存じだろうか。

   あるツイッターアカウントは「大谷ってシングルヒット打てたんか...」と、強打者の大谷選手についての声とは一見思えない内容をツイート。また別のアカウントも「大谷が久々にシングルヒット打ってて違和感がある」と、やはり、同様の感想を漏らしているのだ。

  • 大谷翔平選手(2017年撮影)
    大谷翔平選手(2017年撮影)
  • 大谷翔平選手(2017年撮影)

外野への安打は77打席ぶり

   というのも、大谷選手は6月中にはホームランを13本打っている一方、今回シングルヒット(単打)を放ったのは、6月26日のタンパベイ・レイズ戦以来9試合39打席ぶりのこと。しかもこれはセーフティバントによる単打だった。それでもここまで打率.277、31本塁打、67打点を記録し、投打二刀流ながら本塁打ランキング単独トップ。そう、つまり、最近の大谷選手は「安打」自体は量産しているが、その中に「単打」はほとんど含まれていなかったのだ。

   このため、上記のものと同様のツイートは他にも存在しており、中には「シングルヒットがネタになるって、異常過ぎな大谷さん」といった声もあるほど。また、メディアの報じ方も「大谷翔平 バースデー打は9戦39打席ぶり単打 九回サヨナラ機逸して5連勝ならず」(デイリースポーツ)といった、「39打席ぶり」を強調するものがあり、「強打者すぎる」ためなのか単打がなかなか出ないという珍しい状況に驚く声は多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中