2021年 8月 4日 (水)

100ワニ映画に「荒らし」横行 公開前に低評価コメント...「普通に不快」「ただただ寒い」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2021年7月9日公開予定の映画「100日間生きたワニ」をめぐり、映画レビューサイトで荒らし行為が横行している。

   まだ映画を観ていないにもかかわらず、作品について低評価投稿を繰り返す愉快犯が多いとみられ、ドワンゴ専務取締役COOの栗田穣崇氏も苦言を呈している。

  • 「100日間生きたワニ」公式サイトより
    「100日間生きたワニ」公式サイトより
  • 実際に寄せられた「荒らしレビュー」の一部(Yahoo!映画の作品ページより、編集部で一部加工)
    実際に寄せられた「荒らしレビュー」の一部(Yahoo!映画の作品ページより、編集部で一部加工)
  • 「100日間生きたワニ」公式サイトより
  • 実際に寄せられた「荒らしレビュー」の一部(Yahoo!映画の作品ページより、編集部で一部加工)

「ネタレビュー」のような投稿も

   「100日間生きたワニ」は、漫画家のきくちゆうき氏がツイッターで連載した4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」を原作としたアニメーション映画だ。

   原作の4コマ漫画は、きくち氏のツイッターアカウントで19年12月から20年3月まで、100日間にわたって連載され話題を呼んだ。ただ、最終回の掲載直後に書籍化・映画化・グッズ展開などの発表があったことなどから、一部で批判が起きる事態となっていた。

   こうした背景もあって、映画レビューサイトでの「荒らし行為」が起きたとみられる。映画は7月9日公開予定にもかかわらず、8日夕の時点で「Yahoo!映画」にはレビュー40件、評価は2.33点と低い水準になっている。「Filmarks」では点数こそ伏せられているが、低評価レビューが並ぶ。

   レビューサイトには、「金と時間の無駄」「超駄作」などの誹謗中傷のほか、全く関係のないストーリーを綴った「ネタレビュー」のような投稿も多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中